“門松”の読み方と例文
読み方割合
かどまつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
卯平久振故郷へた。彼等門松とをさなけて垣根入口てたのみである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
後にまたウィーンの歳の暮に寺の広場で門松によく似たの枝を売る歳の市の光景を見て、同じような空想をしゅうしたこともあった。
五月の唯物観 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
昨日も正月の十五日だから、朝からドンド燒きの支度で、私の家は家例で、門松だけは町内一番といふ大きいのを立てます。