“歯朶”のいろいろな読み方と例文
旧字:齒朶
読み方割合
しだ96.3%
はぐき3.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その寒暖計に小き輪飾をくくりつけたるは病中いささか新年をことほぐの心ながら歯朶の枝の左右にひろごりたるさまもいとめでたし。
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
大木には蔦が青々と萌え、切株をとりまいて歯朶が生えている。毛虫だっているのである。そうしての葉の蔭に、狸が眼を開けているのである。
畳まれた町 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
それもそうじゃな。どれ、一つ杯をそう。この処ちょいとお儀式だ。と独り喜悦の助平、老婆は歯朶き出して、「屏風を廻しましょうよ。「それがい。 ...
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)