墨汁一滴ぼくじゅういってき
病める枕辺に巻紙状袋など入れたる箱あり、その上に寒暖計を置けり。その寒暖計に小き輪飾をくくりつけたるは病中いささか新年をことほぐの心ながら歯朶の枝の左右にひろごりたるさまもいとめでたし。その下に橙を置き橙に並びてそれと同じ大きさほどの地球儀 …
作品に特徴的な語句
あた とうず おみな つけて たずぬ にゅう つくし たわぶれ 幾許ここら また ひややか おおせ かしこ くわ ふみ いま むかい まい せい 申候もうしそうら まじわり たが つらぬ かな かれ たず あかとき 不可ふか たくわえ ひま しょ かか すが うけ くるしみ いぬ かき むすび しょう いつ あれ いささか めん いい けん 退しりぞ おも かか 御書みふみ うご あや ほう あきらか うば おおき まじない ここ きたう 午刻ごこく ぞう 難有ありがたき かたわ ただち おおがい くわだて しも かく 終宵しゅうしょう 丈夫ますらお うず おも 夜半やはん とせ 種々くさぐさ 木綿ゆう だね 真箇しんこ かく たのしみ かけ おしゆ 乳臭ちのか 如此かくのごとくに 禿 つくり ちなみ つまびら おく いわく そこな いで つい ここ