墨汁一滴ぼくじゅういってき
病める枕辺に巻紙状袋など入れたる箱あり、その上に寒暖計を置けり。その寒暖計に小き輪飾をくくりつけたるは病中いささか新年をことほぐの心ながら歯朶の枝の左右にひろごりたるさまもいとめでたし。その下に橙を置 …
作品に特徴的な語句
薩摩さつま 伯林ベルリン 越後えちご たこ 出雲いずも 石燈籠いしどうろう 突兀とっこつ 御褒美ごほうび 眉宇びう 閻魔えんま 結城ゆうき くりや なまず 蚊遣かやり しじみ 造詣ぞうけい 我邦わがくに 雑魚ざこ 冥土めいど 重畳ちょうじょう 山葵わさび わん 見渡みわたし 御蔭おかげ 湯治とうじ 咀嚼そしゃく 栄螺さざえ 沙魚はぜ かんざし 硯箱すずりばこ 其角きかく 張子はりこ 朝餉あさがれい 田楽でんがく 馬琴ばきん 書肆しょし 駝鳥だちょう 齷齪あくせく 疼痛とうつう 阿鼻叫喚あびきょうかん 手蹟しゅせき せり 菩薩ぼさつ 拍子木ひょうしぎ 早稲田わせだ 独活うど 石見いわみ 花卉かき 伝播でんぱ 粗相そそう 美作みまさか 花活はないけ 存外ぞんがい のき 孜々しし 枕辺ちんぺん だいだい 比喩ひゆ 渾沌こんとん かがり ばく 御手みて 容喙ようかい 薬鑵やかん 山茶花さざんか 世辞せじ 壬生みぶ へい 熟柿じゅくし 看破かんぱ 彼我ひが 河豚ふぐ 関羽かんう 頓挫とんざ すし 百足ももた 有明ありあけ 涅槃ねはん 短夜みじかよ 連翹れんぎょう 鰹節かつおぶし 犢鼻褌ふんどし 肩衣かたぎぬ なら など 三河みかわ 分捕ぶんどり 逍遥しょうよう くじ 籠城ろうじょう 天保てんぽう 有之これあり 小桶こおけ 都々逸どどいつ ぼら ひいらぎ 悶々もんもん 発句ほっく 粗笨そほん