“他”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ほか44.3%
22.8%
ひと15.8%
よそ7.7%
わき2.5%
はた2.1%
あだ1.5%
かれ0.9%
あと0.3%
あれ0.3%
0.2%
さき0.2%
ヒト0.2%
0.2%
ホカ0.2%
むかふ0.1%
こと0.1%
0.1%
それ0.1%
たの0.1%
をさ0.1%
ホガ0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
たちは、からすの勇気感心しました。いままで、ばかにされたからすが、いちばんりこうなといわれるようになりました。
からすとかがし (新字新仮名) / 小川未明(著)
小酒井不木氏の探偵小説は、専門の智識を根底とし、そこへ鋭い観察眼を加え、凄惨酷烈の味を出した点で、に殆ど匹儔を見ない。
大衆物寸観 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
の手に封じられた、仔はどうして、自分で笊が抜けられよう? 親はどうして、自分で笊を開けられよう? そのはどうだろう。
二、三羽――十二、三羽 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
いや、これに対しても、いまさらへとも言いたくなし、其家をよしては、今頃間貸をする農家ぐらいなものでしょうから。
甲乙 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
何うも身装が悪いと衆人の用いが悪いから、羽織だけはで才覚したが、短かい脇差を一本お父さんに内証で持って来てくれねえか
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
物事はで見るほど心配になるものではなく、どうするかと見ていた梯子の問題は、米友の一存で手もなく片づけてしまいました。
大菩薩峠:17 黒業白業の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
知らず識らずり込んだ女が、し人の手に身受けされようとする噂を聞き込んで、矢も楯もたまらずに、彼は南条の勧誘に従いました。
大菩薩峠:21 無明の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
われいまだを見しことなければ、もし過失ちての犬をけ、後のをまねかんも本意なしと、案じわづらひてゐけるほどに。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
鬼は、手拭で堅く両眼を閉められて、その石の間に立たされた。してのものは、足音を立てずに何処へか隠れてしまった。
過ぎた春の記憶 (新字新仮名) / 小川未明(著)
は番町の方の鰐淵と申す、地面や家作などの売買を致してをります者の手代で、とか申しました」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
れもまた少しく恐れて、の鯀化、黒面などを呼びよせ、洞ちかく守護さしつつ、自身佻々しく他出したまはざりしが。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
も年寄だから嫌ふ、若いから一概に好くと申す訳には参りませんでございます。いくら此方から好きましても、で嫌はれましては、何のもございませんわ」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
それが後に應仁の亂の時分になると、自分のものを質において博奕をやるのでは詰らないといふので、の財産を賭けて博奕をやるやうになりました。
応仁の乱に就て (旧字旧仮名) / 内藤湖南(著)
ここにおいて泰助も、と胸をきて途方に暮れぬ。の事ならず。得三は刀を手にし、短銃を腰にしたり。我泰助は寸鉄も帯びず。相対して戦わば利無きこと必定なり。
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
コーヒーンデ明日レヌツメ、溜息手段ナキ、コレラ一万青年エ。
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
遊「もうそれも度々なのでね、は書替をせやうと掛つてゐるのだから、延期料を握つたのぢや今日は帰らん」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
我が歌はなかれどもわれの歌びとならぬこのわれの歌
和歌でない歌 (旧字旧仮名) / 中島敦(著)
車はせ、景は移り、境は転じ、客は改まれど、貫一はらざる悒鬱きて、る方無き五時間のれつつ、始て西那須野の駅に下車せり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
※他一勺亦何妨 一勺むにげん〕
一夕 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
瑞暲北宝も見えざるを以て、或は昨夜熊害の馬匹にも及ぼす事あるかとて、王藏に命じて尚馬匹を集めて調査するに、瑞暲北宝両種馬の見えざるをもって深く案じたるも
関牧塲創業記事 (新字新仮名) / 関寛(著)
御子沼名倉太玉敷の命田の宮にましまして、一十四歳、天の下治らしめしき。
だケエに十年も後家立デデせ、ガらの上ララデデ見デも、羸弱くてアンツクタラ病氣ネれデ死なれデ見れば、派立目腐阿母だケヤエに八十歳身空コイデ
地方主義篇:(散文詩) (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)