“両眼”のいろいろな読み方と例文
旧字:兩眼
読み方割合
りょうがん91.4%
りょうめ5.7%
りやうがん2.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして両眼を閉じた。それは人造人間エフ氏をうごかす電気のスイッチを切ったのである。エフ氏の耳がスイッチだったのである。
人造人間エフ氏 (新字新仮名) / 海野十三(著)
は、さな両眼をこすってした少年後目にかけて、ののしるとしてしまいました。
火を点ず (新字新仮名) / 小川未明(著)
成程先刻薬師さまで見ましたが、薬師さまより観音さまの工面いと見えてお賽銭箱が大きい……南無大慈大悲観世音菩薩今日らず両眼かに相成りましてございます
心眼 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)