“図”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
はか66.1%
21.6%
9.9%
1.8%
かゝは0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
都に出た田舎びとが京の六角堂の鬼瓦をしげしげと眺めて、らずも国もとに措いて来た女房を思い出し、落涙するという筋である。
銷夏漫筆 (新字新仮名) / 辰野隆(著)
おのが恋を捨てても! と一に決して、さてこそあの、裏で手を合わせて表に毒づくあいそづかし……お艶も江戸の女であった。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
此書全部六巻、牧之老人漫筆ざるの稿本なり。走墨乱写し、艸画なり。老人して校訂ふ。
一夜、「鳳鳥至らず。河、を出さず。んぬるかな。」と独言に孔子がくのを聞いた時、子路は思わずれて来るのを禁じ得なかった。
弟子 (新字新仮名) / 中島敦(著)
今のお歌のを申しあげませう。此はお聞き知りにならぬ昔語りで御座る。だが、姫様にも深いりのあることえ。心を静めてお聴きにならねばなりませぬ。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)