“俟”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
95.0%
また2.5%
まつ1.2%
たの0.6%
0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
人格は各人の精神的努力につほかなく、その成長を可能ならしめるためには社会制度をあるべきものたらしめることが必要であり
此書全部六巻、牧之老人漫筆ざるの稿本なり。走墨乱写し、艸画なり。老人して校訂ふ。
をまねきてなどへしがそのしるしもなく、両親はさら也、あたりよりはせよりしものどもゝ娘のてなみださしぐみつゝのみ也。
雑魚の心をみつつ。
山羊の歌 (新字旧仮名) / 中原中也(著)
サレド人事ヲツクシテ天命タンコトヲ思イ、許シ得ル範囲ノ応急送信機及ビ受信機ヲ建造セルナリ。
壊れたバリコン (新字新仮名) / 海野十三(著)