“まつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:マツ
語句割合
30.6%
25.0%
9.0%
7.2%
5.1%
4.9%
3.8%
3.8%
1.6%
1.1%
松明1.0%
1.0%
0.8%
0.7%
0.7%
0.7%
0.5%
0.3%
0.3%
松樹0.3%
0.3%
0.2%
松火0.2%
松飾0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
魔憑0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ればそこらが、きれいな草地で、そして恰好いさまざまの樹草……、そのがあちこちに点綴してるのでした。
庭の奥の林の中には、近所の百姓地で荒れ放題になっていたという、稲荷様のを移して、元のままながら小綺麗にってあります。
では今日はその銀河のおりなのですから、みなさんは外へでてよくそらをごらんなさい。ではここまでです。本やノートをおしまいなさい
銀河鉄道の夜 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
しばらくはわが足にわる絹の音にさえ心置ける人の、何の思案か、と立ち直りて、き手の動くと見れば、深き幕の波を描いて
薤露行 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
あとには、一の土埃が細く揺れ昇って、左馬之介のおちた崖の端に、名もない雑草の花が一本、とむらい顔に谷をのぞいている。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
それがため幸いにも純粋な血が保たれたのである。この事は品物の血をも清くしたと私は思う。村は挙げて鮮祖檀君を今もる。
苗代川の黒物 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
ここへ移ってからも、お増の目には、お千代婆さんの家で、穴のあくほど見つめておいた細君の顔や姿が、始終わりついていた。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
明月記は千の書なれば七は六のとしても氷室をし六月の氷べからず。貢献の後氷室守が私にすもしるべからず。
かれ出雲に到りまして、大神を拜みへて、還り上ります時に、の河一八の中に黒樔の橋一九を作り、假宮を仕へりて、さしめき。
また近頃つたしい勾玉模造品は、そのすぐに筒形にあいてゐますが、勾玉はたいてい一方あるひは兩方から圓錘形いてをり、こののあけ工合でも
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
我は嘗ておん身をりしことなし。誰かおん身が婚儀の松明を見しものぞ。この詞を聞きたるときの心をば、ヂドいかに巧にその眉目の間に畫き出しゝ。
ヘエ。「同じ牛でもどうも、五いたといふ事を聞きましたがたくでございますか。 ...
牛車 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
愛はたき益にして、必らずや、身の利とならむ。
海潮音 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
日が出ると、晶々とした白金になり、紫水晶末になるのである。山風をあらしと云えば霜の威力を何にえよう? 地の上の白火事とでも云おう。大抵のものはれてしまう。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
あなたのおで、共の世界が元どほりに、すぐになりましたことは、誠に御礼の申さうやうもないことでございます。
夢の国 (新字旧仮名) / 宮原晃一郎(著)
「フィリップ殿下には、大分いろいろなお噂がわりついていることは、御職業柄、あなたももちろん御承知でしょうね?」
グリュックスブルグ王室異聞 (新字新仮名) / 橘外男(著)
その年ごろや風俗がこのあいだの晩、両国の橋番小屋の外にうろついていた男によく似ているらしいので、半七はいよいよ彼とお鉄とのあいだに何かの因縁のわっていることを確かめた。
半七捕物帳:37 松茸 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
吾が同郡旧家村山藤左ヱ門はの兄なり。此家に先代より秘蔵する亀の化石あり、ていふ、山間の土中より掘得といふ、に化石の奇品なり、弄石家
「笑談言っちゃいけねえ。俺あ旅から旅と果なしに渡り歩く体だ、お前なんかにわられてたまるものか。いいじゃねえか、お前も女と生れた仕合せにゃ、誰でもまた食わしてくれらあ。それも気がなきゃ、元の万年屋がとこへるのさ。」
世間師 (新字新仮名) / 小栗風葉(著)
猶來ること數町、われより強ゆる更に數次なるに及び、さらばとて立留りしは、町を既に遠く離れて、路の少しく右に曲りたる、一株の松樹の面白く立てる處なりき。
秋の岐蘇路 (旧字旧仮名) / 田山花袋(著)
新発田より(蒲原郡)東北加治といふ所と中条といふ所の間田の中に庚申塚あり、此塚の上に大さ一尺五寸ばかりの石をしてこれをる。
親類くしきもければたしともなく、裏屋友達がもとに今宵約束御座れば、一として春永頂戴數々ひまする、からお目出度矢先
大つごもり (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
抜いた刀を肩にぎ、ヒラリと庭へ躍り出たが、見れば庭園の四方八方の這い出る隙間もなく鎧武者ヒシヒシと取り囲み、高張り提灯松火篝火、真昼の如くえ光り
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
酔興なお品がこれに。松飾がとれますと、扇箱のお払いものはございませんか、って、裏ぐちから顔を出しますな。あれは、買いあつめて、箱屋へ返して、来新春また——。」
元禄十三年 (新字新仮名) / 林不忘(著)
暁闇濠の水面に見たのは、まさしくそうした途端であって、本丸の望楼に身伸びをして見つめていた吉宗と万太郎のひとみには、もうその影が二つとも、一の白いものとなって消えていました。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
あはれ、本覺大悟の智慧の火よ、我が胸に尚ほ蛇の如くはれる一切煩惱を渣滓も殘らず燒き盡せよかし。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
のとも定らねど、われもでたきものにこそ思ひれ。さいつ頃までは、あまた飼ひしが、あまりに馴れて、身にはるものをイイダいたく嫌へば、皆人に取らせつ。
文づかひ (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
昨年が外国でくなりました時は、取敢えずおを嫂の実家の墓地へ同居させてもらっておきましたが、この度兄と一緒にることにいたしましたので
情鬼 (新字新仮名) / 大倉燁子(著)
第三種(憑付編)狐憑き、人狐式神狐遣い、飯綱、オサキ、犬神、狸憑き、蛇持ち、人憑き、神憑り、魔憑き、天狗憑
妖怪学講義:02 緒言 (新字新仮名) / 井上円了(著)