牛車うしぐるま
此度英照皇太后陛下の御大喪に就きましては、日本国中の人民は何社でも、総代として一名づゝ御拝観の為めに京都へ出す事に相成りました。処で数なりません落語家社会でも、三遊社の頭取円生と円遊の申しまするには、仮令落語家社会でも、何うか総代として一名 …
作品に特徴的な語句
そん くひ まど だふ しつ うま じれ でう した 這入はいつ ちと おつ まつ うけた うへ まうし へい たい しづ かん いう たつ まう 僥倖さいはひ やう 先方せんぱう 其方そつち 当地たうち まへ こぼ つけ とほ のぼ 退さが うつ あひ 仮令たとへ 明日みやうにち はう あるひ あし さいはひ いへ 一通ひととほ 黒紗くろしや 馬乗ばじよう いたゞ しづか いん けん つう 諸方しよはう おか 萬一ひよつと 芸妓げいこ 縄張なはば おだ 相成あひな みん とま ちやう 牛飼うしかひ ねつ かゝ こし をが 戦争せんさう こひ 性質うまれつき 御拝ぎよはい まつ まは ぬの 巡査じゆんさ しやく たづ こゑ 堺町さかひちやう めい わり 五条ごでう あが 京都きやうと たい なに ゆゑ 見舞みまひ 西京さいきやう