“拝”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
おが54.7%
はい19.7%
をが8.8%
おじぎ6.6%
をろが2.2%
をがみ1.5%
あわ1.5%
おがみ0.7%
おろ0.7%
おろが0.7%
ぱい0.7%
をがま0.7%
ウガン0.7%
ヲガ0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「こりゃ不思議だ、あんな電信柱が一っている。そして、あの屋根にいるが、しきりときながらんでいる。」
電信柱と妙な男 (新字新仮名) / 小川未明(著)
食卓に向い合って、金博士が、王水険老師恭々しくしながらいった。それは老師にとって、いささか皮肉にも響く言葉であった。
あはれだとおひなすつて、母様がおむで、肩掛せておやんなすつたら、ぢいさんしてむでこびましたつて、さうして
化鳥 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
王夫人はんで小翠をもらい受けることにして厚くもてなした。女はそこで小翠にいいつけて、王と王夫人にをさして、いいきかせた。
小翠 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
口嗽ぎただちみ、珠数かぞへ南無妙法蓮華経、かがなべて朝に五千、過ぎて夕かけて三千、湯を浴み、御燈明け、残りの二千、一万遍唱へつづけて、真正しくひと日もおちず、国のため
白南風 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
はれわたりたればいざや御来迎たまへと案内がいふにまかせ、拝所にいたり日のし、したくとゝのへて山をくだれり。
いや日の経つほど、あの土くさい田舎に自分を待つといってくれた人の清純な尊さがわかって来て、せて詫びたいほど恋しくなっていた。
宮本武蔵:03 水の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
あのにいます神様だ。あれをおなさるがい。1010
がむや涙にゆがむ雪の峰
ある偃松の独白 (新字新仮名) / 中村清太郎(著)
それとまた、あの不屈な直義すらが、その僥倖に感謝するの余り、自己の一剣を波間へ投げて、船上から龍神をんだという一事などもおもしろい。
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
僕は老人に導かれて千八百八十八年に巴里歿くなつた全権大使ナホノブ、サメジマ君の墓をらずも一した。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
東大寺は常在不滅実報寂光の生身の御仏とめしへて、聖武皇帝、給ひし金銅十六丈の廬舎那仏烏瑟高くれて、半天の雲にかくれ、白毫新にれ給ひし満月の尊容も
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
津堅の島(中頭郡)では、島の六月の祭りを「うふあなの」と言うて、其頃寄り来る儒艮を屠つて、御嶽々々に供へる。其あまりの肉や煮汁は、島の男女がわけ前をうけて喰ふ。
信太妻の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
姉のない時は、妹なり誰なり、家族中の女をうない神と称へて、旅行の平安を祈る風習が、首里・那覇辺にさへ行はれてゐる。うないみをして、其頂の髪の毛を乞うて、守り袋に入れて旅立つ。
琉球の宗教 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)