“拝聴”のいろいろな読み方と例文
旧字:拜聽
読み方(ふりがな)割合
はいちょう66.7%
うかゞ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“拝聴”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「ええ博士、さっきお電話を拝聴はいちょうしていますと、劉洋行とお話の途中に、何者かお電話を横取りにした者があったようでございますな」
「ハハハ……、なんだかひどくおどろいているようじゃないか。さいぜんから新聞記者諸君のうしろにかくれて、きみの大演説を拝聴はいちょうしていたんだよ。なかなかうまいもんだねえ。おかげで、ぼくはすっかりおなかの皮をよってしまったぜ。」明智探偵は
妖怪博士 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
『先生の御演説ですか。』と文平が打球板ラッケットを膝の上に載せて、『いや、非常に面白く拝聴うかゞひました。』
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
『御世辞でも何でも無いんですが、今迄私が拝聴うかゞつたうちでは、づ第一等の出来でしたらう。』
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)