破戒はかい
この書の世に出づるにいたりたるは、函館にある秦慶治氏、及び信濃にある神津猛氏のたまものなり。労作終るの日にあたりて、このものがたりを二人の恩人のまへにさゝぐ。 第壱章 蓮華寺では下宿を兼ねた。瀬川丑松が急に転宿を思ひ立つて、借りることにした …
作品に特徴的な語句
まみ どつち フオウル おしまひ すぎ いく そら すく 湿ぬら もと まはり きつ スリイ まぎらは むづか 便たよる 沢山どつしり なげう 結局まとまり れい めへ ふけ くらま かま あたゝか きちがひ さが ひと 容貌かほかたち くど たか 逡巡あとずさり せん つくろ たくま 左右みぎひだり 待遇とりあつかひ うみ いゝ いら やつと へだ おん ほぐ たい さき おつしや まみ すゝ 明白てきぱき 倦怠あき はなはだ 頬冠ほつかぶ 彼女あのをんな 不可いかねえ 尋常あたりまへ しか とつく 容貌おもばせ 左右さうかう 温和やはらか 風采おしだし はづ くは あた 些少すくな 冷笑あざわらひ かみ こゞ イン つゝ はづかし 父親おとつ 容貌かほつき 突出でしやば 態度しむけ いぢ ほんと 平素しよツちゆう すぐ しまひ ひそか 熟視まも 少許ぽつちり すき たはむれ さと さき おこ 嗚咽すゝりな 交際まじはり 佇立たちとゞま タッチ 可憐あはれ ひか いと 余程よツぽど