“潜”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
くぐ39.2%
ひそ29.1%
もぐ18.3%
くゞ7.2%
ひそか1.1%
かづ0.6%
カヅ0.6%
くぐり0.4%
0.3%
0.2%
ひそま0.2%
かず0.2%
0.2%
せん0.2%
クヾ0.2%
ヒソ0.2%
ひそむ0.1%
そっ0.1%
かく0.1%
かつ0.1%
かゞ0.1%
くゞり0.1%
くゞる0.1%
しの0.1%
すく0.1%
0.1%
そツ0.1%
ひそまッ0.1%
ひそめ0.1%
ひそん0.1%
ふかく0.1%
むぐ0.1%
モグ0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ここだ!」といって桂は先に立って、縄暖簾った。僕はびっくりして、しばしためらっていると中から「オイ君!」と呼んだ。
非凡なる凡人 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
平次は八五郎を突飛ばすやうに、あわてて物蔭に身をめました。裏口が靜かに開いて、眞つ黒なものが、そろりと外へ出たのです。
「五百之進の不在こそかえって倖せ、今夜にでも、ふいに捕手を向けて、奥にりこんでいる郁次郎を、召捕ってみるといたそうか」
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
吉田は刺客に立ち向つて、肩先を深く切られて、のために命をしたが、横井は刺客の袖の下をつて、都筑と共に其場を逃げた。
津下四郎左衛門 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
「女主人公が、それをに恋してゐる。が、勝気なので、口には云ひ出せない。その中に、一寸した意地から不和になつてしまふ。」
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
まるできする処女が二十尋三十尋底から浮び上つて、つく様に深い息の音で、自身明らかに目が覚めた。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
まるで、きする海女二十尋三十尋底から浮び上つてく樣に、深い息の音で、自身明らかに目が覺めた。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
ドンと一つ押してみたが、門も戸も開く様子がない。お綱はどこから入ったか知らぬが、孫兵衛、縮緬ぞッきの風采で、塀の中からはりかねた。
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ケエヅグリのあたまに火のいた、うんだら消えた
桐の花 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
この女は非合法にされてからは、何時でも工場にぐりこんでばかりいたので、何べんかかまった。それが彼女を鍛えた。
党生活者 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)
貫一は食はんとせし栗を持ち直して、とお峯に打向ひたり。聞く耳もあらずと知れど、秘密を語らんとする彼の声はからりぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
鳰鳥(かいつぶり)は水にくので、葛飾のかずへの枕詞とした。葛飾は今の葛飾区一帯。「」は神に新穀を供え祭ること、即ち新嘗の祭をいう。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
二人は松と桜と京人形のがるなかにい上がる。幕となるの下をぐって、松の間を渡月橋に出た時、宗近君はまた甲野さんの袖をぐいと引いた。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
そもそも、鶴は凡禽凡鳥ならず。一挙に千里の雲をいで日の下に鳴き、常に百尺の松梢に住んで世のをうけぬ。泥中にしてしかも瑞々
顎十郎捕物帳:09 丹頂の鶴 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
其言ふ事をよろしとして散去したとあるのは、禊ぎを教へたものと見るべきであらう。くゝりは水をる事である。泳の字を宛てゝゐる所から見れば、神名の意義も知れる。
水の女 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
昼の中多く出たは、んでしまつたが、蚊は仲秋になると、益々あばれ出して来る。日中の興奮で、皆は正体もなく寝た。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
攻玉社は社長が近藤真琴、幹事が藤田で、生徒中にはに海軍少将に至った秀島某、海軍大佐に至った笠間直等があった。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
「それではね、私がここに見ていますからね、貢さん、と行って、あの、格子まで行って、見て来て御覧。」
照葉狂言 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
濁流の渦巻く政界から次第に孤立して終にピューリタニックの使命にれるようになったは畢竟この潔癖のためであった。が、ドウしてYに対してのみ寛大であったろう。
三十年前の島田沼南 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
、『歸依』のむなる
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
是から人の引込むまでと有助は身をめて居りますと、上野の丑刻の鐘がボーン/\と聞える、そっと脱出して四辺を見廻すと、仲間衆の歩いている様子も無いから
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
三田はそのまゝ玄關に出て、一度しまつた門のをあけて貰つて往來に出た。
大阪の宿 (旧字旧仮名) / 水上滝太郎(著)
さて是より熊の也、今一盃たまはるべしとててしきりにより烟艸帒をいだしてなどするゆゑ、其はいかにとたづねければ、老父、さてを見ればべきほどの岩窟あり
白雪竜馬にめされ、を掛けて浦づたい、朝夕の、、紫、雲の上を山の峰へおびにてお出ましの節、珍しくお手にりましたを、御姉君乙姫様へ御進物の分でござりました。
海神別荘 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
寒さの為に身をめ乍ら目を瞑つて居る鶏もあつた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
世間でもかんづいて居るから新吉は憎まれ者で、も付合う人がない。横曾根の者は新吉に逢っても挨拶もせぬようになりました。新吉はどん/\降る中をっと忍んでお賤のへ来ました。
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
はてさて迷惑な、こりや黄色蛇旨煮か、腹籠蒸焼か、災難うても、赤蛙干物大口にしやぶるであらうと、ると、片手ちながら掴出したのは老沢庵
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
こうて見ると、もうているも何となくが悪くなって来たから、文三が素知らぬ顔をしてふッと奥座敷を出る、その顔をお鍋は不思議そうにめながら
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
待居たり或日將軍家には御庭へ成せられ何氣なく植木など御覽遊ばし御機嫌く見ゆれば近江守は御小姓衆目配せし其座を退ぞけ獨り御側進寄聲をて大坂より早打の次第を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
人間世界の暗黒面には、嘘の様な悪業がでいるのです、どんな悪魔詩人の空想だって、現実界の恐怖には、及びもつかぬのです。僕はこれまで、度々そういうものを見て来ました。
吸血鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
曰く、『天にしては天なり、地に潜しては地なり。天地は神明にして測られざるものなり。ないし人の心はそれ神なるか、るときはすなわち存し、捨つるときはすなわちなし、云云
通俗講義 霊魂不滅論 (新字新仮名) / 井上円了(著)
此歌の意味は「粉滷の海にもぐつて、餌をあさつてゐる鳥——その鳥が、つて玉を取り出して来たら、おれは、その玉を自分の玉にしようよ」