桐の花きりのはな
わがこの哀れなる抒情歌集を誰にかは献げむ はらからよわが友よ忘れえぬ人びとよ 凡てこれわかき日のいとほしき夢のきれはし Tonka John 27. Ⅴ. 10 桐の花とカステラの時季となつた。私は何時も桐の花が咲くと冷めたい吹笛の哀音を思 …
作品に特徴的な語句
ほつ あつし おまへ 飾窓シヤウウインドウ つる 倦怠 おゆび 何処どつ 点々ポチポチ 大人ませ しと かをり てん 幻想フアンタジヤ 職業なりはひ めく おしま そよ おと 痙攣つりかゞ ゆら 顔容かほつき おど ぢつ エツキス 一層ひときは かう わなゝ かほ やは 骨牌トラムプ 巴里パリス まつは 自己われ 良人うちのひと しが いぢ ドアー 集団むらがり 唐突やには 追放おつぱら 間断きり つばさ きな こゝろ むらがり うへ 緑玉エメロード たか いつ しほ 俳優わざをぎ かたはら 充分いつぱい つぶ こゞ ぢつ そその 柔軟しなや あや ほの 怖々おづおづ 薄明ツワイライト 蟋蟀いとど 戸外とのも 痙攣ひきつり 推移うつりかはり はね 斑猫はんめやう くわん 汝達おまへたち つぐ 光景シーン まま さや 柔軟やはら 此方こち ねぢ 太棹ふとざほ 縫針ぬひはり 活惚カツポレ 可笑をかし 悸然はつ 薄暮かはたれ 歓語さゞめき 一羽ひとは