“光景”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ありさま42.3%
こうけい21.6%
さま9.3%
くわうけい9.3%
シーン4.6%
けしき4.6%
ようす4.1%
きみ0.5%
けはい0.5%
たたずまい0.5%
ながめ0.5%
みつかげ0.5%
もの0.5%
やうす0.5%
キイド0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一人ずつその屋台って、さなをのぞいてみました。すると、それには不思議な、ものすごい光景いてました。
夕焼け物語 (新字新仮名) / 小川未明(著)
「ああ、は、いつ東京へいって、そのにぎやかな光景られるだろう?」と、びっこのは、ひとりでためをもらしたのでした。
日がさとちょう (新字新仮名) / 小川未明(著)
後に成って、反って大塚さんは眼に見えない若い二人の交換す言葉や、手紙や、それから逢曳する光景までもありありと想像した。
刺繍 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
と、日出雄少年と、一群水兵とは、つて、試運轉光景めつゝ、花火げ、り、大喝采をやるりだ。
すると急に突飛な光景が、津田の頭の中に描き出された。同時に変な妄想が、今呑んでいる煙草の煙のように、淡く彼の心をめて過ぎた。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
成程左様言はれて見ると、少許も人をれない。白昼ですら出てんで居る。はゝゝゝゝ、寺の光景は違つたものだと思つたよ。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
ぶるぶるとしてハッと気が付くと、隊の伍長のヤーコウレフが黒眼勝のしい眼で山査子から此方を覗いている光景
されども文三が死だ気になって諸事おるされてで持切ッているに、お政もスコだれの拍子抜けという光景で厭味の音締をするように成ッたから、まず好しと思う間もなく
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
奥座敷へ入ッて聞いていると、やがてお鍋がお勢のまで来て、ちょいと立留ッた光景で「お待遠うさま」という声が聞えた。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
そういう戸外光景をじっと眺めて居るうちに私は悲しくなりました。そして恐ろしくなりました。何んの理由も無かったのです。けれど私は夫れで窓にってしくしく泣いたのでございますわ。
西班牙の恋 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
放し飼いにした伊那駒が、秋天高く馬肥える、今日この頃の野のように、長いるわせて、さも勇ましく駆けている。秋にふさわしい光景である。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
その人たちというのは、山高信離、山本五郎、納富介次郎松尾儀助、大森惟中塩田真、岸光景等十人足らずの諸氏でありました。
あんな光景を見なければよかった。今夜まで何も知らずに寝ていたらドンナにか気楽でよかったろう。明日の朝起きてみたら、皆騒いでいる。材木置場で可愛い娘が絞殺されている。
芝居狂冒険 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
するとから、その光景ふのには、「その巡査さんがね、洋刀を、カチヤ/\カチヤ/\ぶつてつてた。」とします。
廓そだち (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
なんともすさまじい享楽と騒擾の一大総合場面——バグダットの朝市場ほどがしく、顛狂院の宴会できちがいの大群が露西亜バレイを踊ってるほどにも奔流的な光景を呈するのが