“光芒”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こうぼう84.2%
くわうばう7.0%
ひかり7.0%
コウボウ1.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それでも二つ三つの光芒が、暗黒の室内をただしくいたが、青竜王に近づいたと思う間もなく、ピシンと叩き消されてしまった。
恐怖の口笛 (新字新仮名) / 海野十三(著)
燦然と闇をくサーチライトの光芒に射られたやうに、眼がくら/\となつたのだつた。お信さんは、まだ私の中に異性を認めて居ないやうだつた。
乳の匂ひ (新字旧仮名) / 加能作次郎(著)
ふと見ると、赤銅のような色をした光芒の無い大きな月が、おの松の上に音も無く昇っていた。その色、その、その姿がいかにもしい。
蒲団 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
長星アリ、赤クシテ。東西ヨリ飛ンデ、孔明ノ軍営ニ投ジ、三タビ投ジテタビル。ソノ流レ来ルトキハ光芒大ニシテ、還ルトキハ小サク、ウチ一星ハチテ還ラズ。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)