恐怖の口笛きょうふのくちぶえ
逢う魔が時刻 秋も十一月に入って、お天気はようやく崩れはじめた。今日も入日は姿を見せず、灰色の雲の垂れ幕の向う側をしのびやかに落ちてゆくのであった。時折サラサラと吹いてくる風の音にも、どこかに吹雪の小さな叫び声が交っているように思われた。 …
作品に特徴的な語句
仰向おあむ 徘徊ハイカイ タダ すばや ツマビラ どま ひか イチ しゃべ ぐら サン さが ハウス 廓内カクナイ かわ この むこ かん 銃口つつ ぱな ろう あで あわ うる 小室しょうしつ 洋杖ケーン もと じゅん 温湯おんとう のぞ 生死せいし いきお いさむ ゆる はた なつか けい 耳朶みみたぼ 裸身らしん どき 口腔こうくう 昨夜さくや あきら 旋律メロディ もぐ すみ ことわ ともしび 文書ぶんしょ 片頬かたほほ ボール とま そん ただ 創傷きりきず あい 石造せきぞう 神隠かみがく とら はさま 耳飾みみかざり おびや かか おこ なやま かろ 誰人だれ 愛妻あいさい おび きず 退 二重にじゅう ぬの 薄暗うすやみ はず どころ 鬼神きしん うわ あた 先刻せんこく 一方いっぽう 見下みお 引返ひきかえ 陥穽わな