“二重”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふたえ51.7%
ふたへ29.3%
にじゅう6.9%
にぢう3.4%
にぢゆう1.7%
ふたかさ1.7%
ふタヘ1.7%
フタエ1.7%
最大の1.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
島々の数を尽してつものは天をし、伏すものは波にはらばう、あるは二重にかさなり三重にたたみて、左にわかれ、右にる。
惜別 (新字新仮名) / 太宰治(著)
こは初めなりしも今二重となりぬ、そは汝の、これとなる事のなるをこゝにもかしこにも定かに我に示せばなり 五五—五七
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
く真似をして見せ、二重へ上り、下手に向ひて戸棚の前にしやがみ、雁首にてこちこちと錠をうちて明け「へえおつかさん、このでござります」
翌日めると、依然としての中心から、半径つたが、二重に仕切つてゐる様な心持がした。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
長さ三尺にも足りない小さい机と、それにしい本箱、二重ねの小さい箪笥、ただ女らしい彼女の身だしなみを見せて、部屋はキチンと整っていて、一つ散っていない。
第二の接吻 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
御存生なら川田だね、れてゐるから体格と云ひ、ニコヤカなお容貌と云ひ、二重つてゐる様子はそつくりだね、しろもうになつちまつてやうがない
七福神詣 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
そして、こんな話をするの「こっちじゃ立鍬を使わないんだね。それじゃいかにもハア腰が痛そうだ。」臥鍬の、ずっと柄のひくいので、二重になってやるのよ。
○彼の二重性格者たる彼の生存の根本意志を象徴的に示すものとしての賭博ルーレットの赤と黒