“二重三重”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ふたえみえ66.7%
ふたへみへ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“二重三重”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
長造が、新聞紙をバリバリあける手許てもとに、一座のひとみあつまった。二重三重ふたえみえの包み紙の下から、やっと引出されたのは、ゴムと金具かなぐとで出来たおめんのようなものだった。
空襲葬送曲 (新字新仮名) / 海野十三(著)
これまで例の口のはた括弧かっこ二重三重ふたえみえにして、妙な微笑を顔にたたえて、葉巻のけむりを吹きながら聞いていた綾小路は、煙草の灰を灰皿に叩き落して、身を起しながら、「駄目だ」と、簡単に一言云って、煖炉を背にして立った。
かのように (新字新仮名) / 森鴎外(著)
二重三重ふたへみへに群つた奉教人衆の間から、「まるちり」(殉教)ぢや、「まるちり」ぢやと云ふ声が、波のやうに起つたのは、丁度この時の事でござる。
奉教人の死 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)