“手許”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
てもと100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“手許”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸21.0%
文学 > 日本文学 > 戯曲3.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語2.7%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
玄「でもあろうが、お手許てもとに遊んで居らんければからでも御才覚を願いたい、利分は天引でも苦しゅうないによって」
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
なんでもかんでもその長谷久兵衛が鬼代官だという情報が、どちら方面からも、期せずして伊太夫の手許てもとへ集まって来る。
大菩薩峠:38 農奴の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)