“手許”の読み方と例文
読み方割合
てもと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
伯爵はっていた。主翁は小紐を出して、そっと伯爵のに捲こうとした。と、小紐は風に吹き寄せられるように手許に寄って来た。
黄灯 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
呼寄相談に及びしは其方は幼年なれども感應院の手許にて教導を受し事なれば可なりに修驗眞似は出來べし我々始め村中より世話
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
こういう序文が附加えられて、一冊の白隠伝の草稿が無理にわたくしの手許に預けられてある。それは隣のS夫人が書いたものだ。
宝永噴火 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)