宝永噴火ほうえいふんか
今の世の中に、こういうことに異様な心響を覚え、飽かずその意識の何物たるかに探り入り、呆然自失のような生涯を送りつつあるのは、私一人であろうか。たぶん私一人であろう。確とそうならば、これは是非書き遺して置き度い。書くことによってせめて、共鳴者 …
作品に特徴的な語句
退しりぞ まぬが しっ がえ くゆ 受持じゅじ うずく くん はび 殿しんが 最早もは はず 三昧さんまい もた つむじかぜ うずくま にぎや いぶ くつがえ あた むち しか つむ 目映まば もん とら みさお しな まず ぬき 把手とって むご にく たび はま 呻吟うめ はな 嘲笑ちょうしょう いと かね おお ひだ 裾野すその そで たもと 衷心ちゅうしん 行衛ゆくえ 行燈あんどん 行乞ぎょうこつ 蠧魚しみ 蟠蜛ばんきょ せみ 藻掻もが まま こうむ あつ よし 莫迦ばか 草葺くさぶき 苧殻おがら 苛酷かこく 脾弱ひよわ 脊髄せきずい ゆる 秘訣ひけつ まれ 稀有けう 稍々やや 究竟くっきょう 空嘯そらうそぶ 窒息ちっそく 剃髪ていはつ くだ こも 累進るいしん きずな ほころ 綽名あだな うらや 見究みきわ 胡散うさん 刺戟しげき ひじ そび ふけ しか もつ