“裾野”の読み方と例文
読み方割合
すその100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
りや繁殖の状態を調べるために、春は富士の裾野、夏は蓼科という工合に、年じゅう小鳥のあとばかり追っかけてあるいている。
キャラコさん:06 ぬすびと (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
裾野き、小松原れて、夕暮富士山白妙ぐなる前髮夫人あり。る。
婦人十一題 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ここの富士浅間山大名はなにものかというに、鎌倉時代からこの裾野一円にばっこしている郷士のすえで根来小角というものである。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)