“靡”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なび93.9%
2.1%
なびか0.8%
ナビ0.8%
0.5%
しな0.5%
かゞや0.3%
ただ0.3%
たなび0.3%
なびい0.3%
ナミ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
高い旗竿から八方に張り渡した縄にはいろいろの旗が並んで風にいている。その中に日の丸の旗のあるのが妙に目に立って見えた。
異郷 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
酒にへてか、よろめく足元危く、肩には、古ぼけた縞の毛布をかけていたが、その姿から見ると、夫ででもあろうか。年は女よりは三つばかり年長に見えた。
もつれ糸 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
切髪は乱れ逆竪ちて、披払裾袂されつつしげに行きつ留りつ、町の南側を辿り辿りて、鰐淵が住へる横町にりぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
雲がきれ、光りのしづまつた山の端は、細く金の外輪をかして居た。其時、男嶽女嶽の峰の間に、あり/\と浮き出た 髪 頭 肩 胸——。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
帆足万里はかつて留守居をって、国財をし私腹を肥やすものとした。この職におるものは、あるいは多く私財を蓄えたかも知れない。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
わざなせそ」は、をするな、巫山戯たまねをするな、というので、「うちりてぞ妹は、れてありける」(巻九・一七三八)の例がある。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
山の上にヒラヒラく朝の白い雲を見て、旗振りの爺を見て、それから此処等でよく見るやうな小さな停車場で下りて、庇の長く出てゐる田舎町を通つて
百日紅 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
啀み合えば合うほど、自分の反抗心と、憎悪の念とが募って行くばかりである。長いあいだ忘れていた自分の子供の時分に受けた母親の仕打が、心にれてゆくばかりである。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
それが、群青の陶土に溶かし込んだような色で、粘稠んでいる。その水面に、の背ではないかと思わせているのが、金色を帯びた美しい頭髪で、それが藻草のようにいているのだよ。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
稈には節があり、葉は緑色狭長で長く尖りその葉鞘を以て稈に互生し、秋に至り梢頂に褐紫色の花穂を出し多数の穎花から成りふさふさとして風来ればている。
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
く藻のと語らはず別れし来れば……霊あはゞ君来ますやと……たまぼこの道来る人のちとまりいかにと問はゞ答へやるたつきを