あらくれ
お島が養親の口から、近いうちに自分に入婿の来るよしをほのめかされた時に、彼女の頭脳には、まだ何等の分明した考えも起って来なかった。 十八になったお島は、その頃その界隈で男嫌いという評判を立てられていた …
作品に特徴的な語句
歯痒はがゆ 敵愾心てきがいしん きず 鍛冶屋かじや 気儘きまま 采配さいはい 幾個いくつ あと 博多はかた いが 人足ひとあし あさひ 足蹴あしげ もも 午頃ひるごろ 律義りちぎ 後家ごけ ぬか 梶棒かじぼう はく 土堤どて 為方しかた 立竦たちすく 根柢こんてい たに 本意ほい 裳裾もすそ 仄白ほのじろ くら 成行なりゆき 渾身からだじゅう 海苔のり 一室ひとま 可懐なつか 山麓さんろく 頑張がんば 疳癪かんしゃく 緋鯉ひごい 愛宕あたご 天秤棒てんびんぼう 面倒めんど 白山はくさん 鳶色とびいろ 優男やさおとこ 三和土たたき 隅田川すみだがわ 腕車くるま 厭気いやけ 向日葵ひまわり 田圃道たんぼみち 常磐木ときわぎ 小皺こじわ ねぎら 疼痛とうつう 一廉ひとかど 夢現ゆめうつつ 口吟くちずさ 身顫みぶるい 寝覚ねざめ 内々ないない 人品じんぴん 居睡いねむり 意嚮いこう 指頭ゆびさき 新造しんぞ えり 鬼子母神きしぼじん 畏怖いふ 婉曲えんきょく 破目われめ 因業いんごう しお 初夏はつなつ 焦立いらだ 隅々すみずみ 取做とりなし 花活はないけ はこ 太息といき 突如だしぬけ 遊蕩ゆうとう 面当つらあて 山茶花さざんか 手応てごたえ 膳立ぜんだて 蹴散けちら 起臥おきふし 谿たに 生際はえぎわ 詰襟つめえり きび 仄暗ほのぐら 縹渺ひょうびょう 可也かなり 武蔵むさし 気紛きまぐ 色沢いろつや 蒼味あおみ 見据みすわ