あらくれ
お島が養親の口から、近いうちに自分に入婿の来るよしをほのめかされた時に、彼女の頭脳には、まだ何等の分明した考えも起って来なかった。 十八になったお島は、その頃その界隈で男嫌いという評判を立てられていた。そんなことをしずとも、町屋の娘と同じに …
作品に特徴的な語句
ぴった ない そっ ひどく こまか ちょっ しの ひから めず ちょ ささや へばり づくり きめ せん うみ まざ おびだた たて ぶち だた いかつ よろ うぶ 取着とりつき とっく どっち せき ささ 化粧みじまい 黎明ひきあけ こう しずけ たらず なか 顛覆ひっくらか ぬぎ 淡白さっぱり 化粧おつくり なあ 放擲ほうりだ なだ 所有もち ふか しきり どれ あやし あっし 湿しと ねか いび じか おっし 頭髪たぶさ おおむ 目眩まぶし やかま かげつ あらたま さび つま まわり はず 引立ひったち これ ひか かた 可憐いじらし やり いい 陽炎ようえん 上下あげおろ ただ 応答うけごたえ こう あや がさ 紛紜こぐらかり ばり あら ひけ くさ じき よっ 焦燥やきもき きまり あて そだて ぶち 歴々れっき せなか たべ 彷徨ぶらつ はい かぶり にや いら