“何”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なん24.4%
23.7%
なに15.6%
11.6%
いず9.4%
いづ4.9%
どう2.3%
なんに1.5%
なあに0.7%
なあ0.6%
いつ0.5%
どん0.5%
いづれ0.4%
あん0.3%
いずれ0.3%
いか0.3%
どち0.3%
どれ0.2%
ナン0.2%
0.1%
0.1%
ナニ0.1%
あに0.1%
いずく0.1%
いづく0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
ない0.0%
なゝ0.0%
あぜ0.0%
あど0.0%
あによ0.0%
いく0.0%
いくばく0.0%
いずくん0.0%
どっ0.0%
どつち0.0%
なにつ0.0%
なんぞ0.0%
なんと0.0%
なアに0.0%
なアん0.0%
なッ0.0%
なン0.0%
にゃん0.0%
ぬー0.0%
んない0.0%
イズ0.0%
チトー0.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なんでもこの山には山姥やまうばんでいるというつたえが、むかしからだれつたえるとなくつたわっていました。
山姥の話 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
「いきなり、風呂を沸かす宿屋が半道と来たんでは、一口飲ませる処とも聞きにくうございますよ。しかし何かしらありましょう……なんしろ暗い。」
唄立山心中一曲 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
結構人けつこうじん旦那だんなどの、うぞしたかとおひのかゝるに、いえ、格別かくべつことでも御座ござりますまいけれど
うらむらさき (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
うして此切符を買つたのであらう、愈〻帰郷するに極まつたものの、彼は尚ほ京都へ行けばよかつたかしらと思つて、更に一両日来の考を繰返した。
厄年 (新字旧仮名) / 加能作次郎(著)
朝日あさひして夕日ゆふひ仕舞しま手當てあてこと/″\しく、一ないこれにかゝりてれはなにぞとふに
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
だからそのてんにおいて、そのおうたが、第一番だいゝちばんのものでなくとも、なに失望しつぼうする必要ひつようはありません。
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
「ところで、んだっけ。ああそうそう十万円だな。だが一体全体そんな金がどこにあるのだ。エッくそ、死んじまえ、死んじまえ、死んじまえ……」
夢遊病者の死 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
さがしたぞ。こんたなどごまで来て。して黙って彼処あそごに居なぃがった。おぢいさん、うんと心配してるぞ。さ、早くべ。」
種山ヶ原 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
いずれも弓矢ゆみやたずさえ、うままたがって、たいへんなさわぎで出掛でかけたものでございます。
あらゆる一切の芸術は、その本質上の特色からみて、所詮しょせんこの二つの範疇はんちゅうの中、いずれかに属するものでなければならない。
詩の原理 (新字新仮名) / 萩原朔太郎(著)
両氏の文学的才能を充分に認め、その或る作品に対しては多大の敬意を払つてゐるのですが、今度のものは、いづれも感心が出来ないやうに思ひます。
近寄ちかよつてると、いづれも門瓦もんがはらしたに、院號ゐんがうやら庵號あんがうやらががくにしてけてあつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
れでもおまへ年寄としよりだもの、おいらのふのはよめさんのことさ、年寄としよりはどうでもいとあるに
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
やっと二三十けんばかりの処に近づいて、月の光りにすかして見ると、提燈ばかりが歩いているのでなく、どうやら人が持っているのだ。
北の冬 (新字新仮名) / 小川未明(著)
——ブウバケルは結婚してゐた。まだ十五なのに可笑をかしな事だ。酒は飲むし、筋肉はたるんでゐる。——もうビスクラに期待するものはなんにもないよ。
亜剌比亜人エルアフイ (新字旧仮名) / 犬養健(著)
『ほゝゝゝゝ。それはさうと、御腹おなかが空きやしたらう。何か食べて行きなすつたら——まあ、貴方あんたは今朝からなんにも食べなさらないぢやごはせんか。』
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
なあに。あいつは二ひきともきびんだからだいじょうぶだよ。」と言っているうちに、馬車は、十四、五けん手前で、ぱたりととまりました。
やどなし犬 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
なあに、正体を見れば、閑古鳥にしろ、じきそこいらの樹の枝か葉隠れに、翼を掻込かいこんだのが、けろりとした目で、ひまかして
沼夫人 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「何処か安い間があったら移りたいと思うから探してくれませんか……なあに今日や明日でなくってもいそがなくてもよいのだから。」といった。
老婆 (新字新仮名) / 小川未明(著)
なあに」と思って、お島は聞いていたのであったが、女にどんな手があるか解らないような、恐怖おそれ疑惧ぎぐとを感じて来た。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
文庫本には「巴山夜雨の時を話るべきか」と読ましてあるが、いつか当に云々と続いて居るのだから、「話るべきか」の「か」は蛇足であり、この蛇足のために調子はひどく崩れる。
閑人詩話 (新字旧仮名) / 河上肇(著)
くつわ虫はかしましき声もかたちもいと丈夫ぢやうぶめかしきを、いつしかときにおとろへ行くらん。
あきあはせ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
俺のやつた事を、男の恥だつて言ふ者もあるだらうが、俺の身になると、外に工夫も手段てだてもねえ、俺はどんな目に逢つても、どんな事をされても
古いうちだからどんなに密と歩いても足音が聞えます、早四郎は床の内で来たなと思っていますと、密と障子を開け、スウー。
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
こゝに至れば詩歌なく、景色なく、いづれわれ、何を彼と見分るすべなきなり、之を冥交と曰ひ、契合ともなづくるなれ。
松島に於て芭蕉翁を読む (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
「売冰図。堅冰六月浄璘々。叫売歩過入軟塵。応是仙霊投砕玉。活来熱閙幾場人。」売冰はいづれの国の風俗であらうか。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
「……外廻りをするにして、要心に事を欠いた。木魚をおしに置くとはあんたるこんだ。」
灯明之巻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
遊二 二、三日前に来た使いの人の話では、あんでも、歌の文句通りだそうだ。
斬られの仙太 (新字新仮名) / 三好十郎(著)
未死の幽魂、尋ねんと欲するも、今いずれの処にかある。請う、吾人ごじんをして彼を九原きゅうげんの下より起し、少しく彼にいて語らしめよ。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
お政は児をうて彼にさきだち、お露は彼に残されて児を負う。いずれか不幸、いずれか悲惨。
酒中日記 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
貴誨きくわいかうむらずして、星霜多く改まる、渇望の至り、造次ざうじいかでかまをさん。
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
目鼻だちはきりきりと利口らしけれどいかにもせいの低くければ人あざけりて仇名はつけける。
わかれ道 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
何故なら、物質生活こそが精神生活の根底であるから、私は、物質生活と精神生活とどちらが尊いかと云うのではない。
大衆文芸作法 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
つくづく聞き飽きてもうやに成つた、貴様が出ずばどちら道同じ事をしくもない九尺二間、れが小僧を連れて出やう、さうならば十分に我鳴り立る都合もよからう、さあ貴様がくか
にごりえ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
龍華寺りうげじどれほど立派りつぱ檀家だんかありとらねど、わがあねさま三ねん馴染なじみ銀行ぎんこう川樣かわさま
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
どれれも俊秀しゆんしうなら、俊秀しゆんしう一山ひとやまもんだとも言得いひえられる。
もゝはがき (新字旧仮名) / 斎藤緑雨(著)
其がナンと、此世の惡心も何もかも、忘れ果てゝ清々スガヽヽしい心になりながら、唯そればかりの一念が、殘つて居ると、申します。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
抑〻ソモソモ天命ヲサカシマトス者ニアラズシテ ナンゾヤ スナワチ 天ニ代ッテ吾等ノ道ヲ行ワントスル所以ユエンナリ シソレ 盧俊儀ト石秀ノ二人ヲユエナク断刑ダンケイショサバ 梁山泊リョウザンパク数万ノ天兵ハ タチドコロニ北京ヲ焼キ払ワン ツ悪吏ノ一人タリトモ 鬼籍キセキ黒簿コクボヨリノゾキ ソノ命ヲ助ケオクコト無カラン
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
上毛野かみつけぬ安蘇あそ真麻まそむらむだれどかぬをどかがせむ 〔巻十四・三四〇四〕 東歌
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
云う事うにもことうえて、まあんたらことうくだ!
禰宜様宮田 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
キヨメをエタと云ふはかなる詞ぞ。穢多。根本は餌取と云ふべき歟。餌と云ふはしゝむら鷹の餌を云ふなるべし、其れを取る物を云ふなり。
エタ源流考 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
けれども、ずれも不合格者ばかりであった。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
此度の事ハ紀州ハナニ故の勢にや、あまり無礼ブレイなる事ニて私の人数及便船かりなど鞆の港にほりあげ、主人の急用ありとて長崎の方へ出帆仕候。
御懸念ゴケネン一掃イッソウノオ仕事シゴトシテラレルナラバ、ワタクシナニオウ
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
あにい、そのまま上へ積まっしゃい、と早や二人して、嘉吉めが天窓あたまと足を、引立てるではござりませぬか。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
老耆おいぼれてんぼうじじいに、若いものの酔漢よいどれ介抱やっかいあに、出来べい。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「卿等、碌々人に拠って事をなすの徒。燕雀えんじゃくいずくんぞ、大鵬の志を知らんや、か——吾に、洛陽負廓田ふかくでんけい有らしめば、あによく六国の相印をびんや、か」
南国太平記 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
平素庭におもむくも訓誨くんかいたがう、この行ひとり識る厳君げんくんを慰むるを。耳に存す文政十年の詔、口に熟す秋州一首の文。少小より尊攘のこころざし早く決す、蒼皇そうこうたる輿馬よば、情いずくんぞ紛せんや。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
所が、あにいづくんぞ図らんや、この堂々として赤裸々たる処が却つて敵をして矢を放たしむる的となつた所以ゆゑんであつたのだ。
雲は天才である (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
われは身のいづくの處にあるを知らずして、只だ熱の脈絡の内におこりたるを覺えき。
今も半数は鮮姓を承ぎ、ちんさいていぼくきんりんべん等昔のままである。
苗代川の黒物 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
「何、清白だと? 乃公おれはお前が家の書物を盗んで吊し打ちになったのをこないだ見たばかりだ」
孔乙己 (新字新仮名) / 魯迅(著)
年占・祈年・左義長・鳥追ひ・道祖神祭・厄落しは、の日に行うてもよいわけである。
髯籠の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
で、こゝろといふ語は、の時代においても、右の両に用ゐられて居る。
和歌批判の範疇 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
われ・これ・こゝで類推を拡充してゆけるひとぐに即、他国・他郷の対照としてその国・知らぬ国或は、異国・異郷とも言ふべき土地を、昔の人々も考へて居た。
妣が国へ・常世へ (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
ンゾハナハダシクキフナル
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「揉んほぐした凝いが、また元い戻ろうとすっとござすな。そいをも一度散らしてしも。ないならわたっが——」
幻化 (新字新仮名) / 梅崎春生(著)
ないか病気でんしやしたか」
幻化 (新字新仮名) / 梅崎春生(著)
「おん者らになゝ権利があるんなら、千恵造のことが気に喰わんなら、わしの弟のことが気に喰わんなら、さっさと出て行ってもらおう」
俗臭 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
「何んや、高慢たれやがって! あんなピアノなんかなゝ良えんなら! ピン/\、ポロン/\大体政江! おんしゃがあんなもん習わせるのがいかへんのや!」
俗臭 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
夕さればみ山を去らぬ布雲にぬぐもあぜか絶えむと言ひし児ろはも (同・三五一三)
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
それにはアドカ・アガセムというなまりも手伝っているらしく思われるけれども、単にそれのみでなく、「あどか吾がせむ」という切実な句が此歌の価値を高めているからであろう。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
オイオイ禰宜様、あにようしてるだよ。
禰宜様宮田 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
また尻に九孔ありと珍しそうに書きあるが他の物の尻にはいくつ孔あるのか、随分種々いろいろと物を調べた予も尻の孔の数まで行き届かなんだ。
其揺籠の中にありし時の距離いくばくぞや。
徳川氏時代の平民的理想 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
「然る処、氏直天道の正理にそむき、帝都に対して奸謀を企つ。いずくんぞ天罰を蒙らざらんや。古諺に曰く、巧詐は拙誠に如かずと。所詮普天の下勅命に逆ふともがらは、早く誅伐ちゅうばつを加へざるべからず云々」
小田原陣 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
馬作は尾籠びろうなお話だがげろ/\吐きまして、腹はしまいには何もないので、物も出ませんで、皺枯しゃがれっ声になりまして南無金比羅大権現、南無水天宮、南無不動様と三つを掛合にして三つの内どっちか一つはくだろうと思って無闇に神をいのって居ります。
『今?』と銀之助はお志保の顔をながめた。『それからどつちの方へ行きましたらう、御存じは有ますまいかしら。』
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
りや、さうだことふんぢやねえ、先刻さつきあゝだになにつもらつてるもんか、まつとしいなんちへばはら掻裂かつツえて小豆飯あづきめし掻出かんだしてやつから
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
愛国あいこくの丹心たんしん万死ばんしかろし 剣華けんか弾雨だんうまたなんぞおどろかん
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
じいさま、彼所あそこゆる十五、六さいくらい少女しょうじょなんと品位ひん様子ようすをしてることでございましょう。
棄狗すていぬッてなアに?」
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
なアん沙汰さたなしであの不器量な意地いじわるの威張った浪子はんをお嫁にもらったり、ほんまにひどい人だわ、ひどいわひどいわひどいわひどいわ、あたしも山木のむすめやさかい、浪子はんなんかに負けるものか、ほんまにひどいひどいひどいひどいッてな、あんた
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
てめえのためならばな、かぶとしころなッちもらない、そらよ持って行きねえで、ぽんと身体からだを投出してくれてやる場合もあります代りにゃ、あま達引たてひく時なんざ、べらんめえ、これんばかしのはしたをどうする、手の内ア受けねえよ、かなんかで横ッつらへ叩きつけるくらいでなくッちゃあ、不可いけませんや。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
実は人に取ってこそ他所と懸絶なれ、偶を求む牝猫は其式それしきの崖や渓をにゃんとも思わず一心に走り廻って、牡猫の情を受け返るを、知らぬは亭主ばかりなりで、猫を木の股から生まるるごとく想いいたのだ。
「旦那さい。ぬーん、悪事やなくとお、びらん。此処くまんかい、かくくゐていど、やびいたる。」
奥間巡査 (新字旧仮名) / 池宮城積宝(著)
それでもおいらはんないとも言ひやしなかつた……自分じぶんのことはたなげたなりわすれてしまつて。
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)
丞相ノ祠堂シドウ イズレノ処ニカタズネン
三国志:12 篇外余録 (新字新仮名) / 吉川英治(著)