十二支考じゅうにしこう05 馬に関する民俗と伝説05 うまにかんするみんぞくとでんせつ
隙行く駒の足早くて午の歳を迎うる今日明日となった。誠や十二支に配られた動物輩いずれ優劣あるべきでないが、附き添うた伝説の多寡に著しい逕庭あり。たとえば羊は今まで日本に多からぬもの故和製の羊譚はほとんど聞かず。猴の話は東洋に少なからねど、欧州 …
作品に特徴的な語句
まこと にゃん しゅう プレヒストリック・マン もて いま のたま かく なず おさ あわ おと わか いか ひととなり かく うつ うみ みまか ほれ よりどこ たてまつ くせ マー ちいさ みゆき いの うしの 便ただ ふす うす ある さと すこし ひく こころむ めと いと やきもの くん 白馬ホワイト・ホールス めま おく じき めあわ あなど にわ かな ぼれ かざ まのあた まん 以上かんつがた やが ふたた まね おお じき つづま おお かえ よく 何方いずかた うかが たくわ 前達せんだっ いか ひき 帷幕おおとの はか かち もど とう いと けだもの もう みて しょう うご
題名が同じ作品
十二支考:07 猴に関する伝説 (新字新仮名)南方熊楠 (著)
十二支考:08 鶏に関する伝説 (新字新仮名)南方熊楠 (著)
十二支考:09 犬に関する伝説 (新字新仮名)南方熊楠 (著)