“炙”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あぶ82.0%
5.0%
4.0%
しゃ3.0%
1.0%
あぶり1.0%
1.0%
きう1.0%
やきもの1.0%
やく1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
火が、ぴしぴし、音を立てて、盛に燃え出すと、樺の立木の葉が、鮮やかに、油紙の屋根に印して、劃然とした印画がり出される。
白峰山脈縦断記 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
雛鶏家鴨と羊肉の団子とをした三本がしきりにされていて、のどかに燃ゆる火鉢からは、り肉のうまそうな
糸くず (新字新仮名) / ギ・ド・モーパッサン(著)
藁一本をべた煙りもこの町内の人々の眼に鋭く沁みて、かれらの尖った神経は若い蘆の葉のようにふるえ勝ちであった。
半七捕物帳:06 半鐘の怪 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
横に切って薄片と成さば団扇の形のごとし、故に江戸にてダンセンと呼び食味極めて甘美なり。
導者は我等一行を引きて此火殼ましめたるに、足跡ぶるが如く、我等の靴の黒き地に赤きを印するさま、橋上の霜を踏むに似たり。處々に斷文ありて、底なる火を透し見るべし。
料理は小鳥のものに萵苣のサラダが出ていた。それを食ってしまって、ヴェランダへ出て珈琲を飲んだ。
青年 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
落花生がれて居る。「落花生は大好きですから、私が炙りましょう」
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
つ。おまいに、おれを打つ力があるものか。もし、おれを打つてみろ、お父さんにつかまつて、手におをすゑられるからな。」
鳩の鳴く時計 (新字旧仮名) / 宮原晃一郎(著)
チムール諸国使節を大饗するに馬のの脚を去り、腰とを最上饌とし切って十の金銀器に盛るとありて、その食いようを詳述す。
にてするは○魚軒也。○る○その料理によりて猶あるべし。にしたるを塩引また干鮏といひしも古き事、まへに引たるに見えたるがごとし。