白峰山脈縦断記しらねさんみゃくじゅうだんき
緒言 前年雨のために失敗した白峰山登りを、再びするために、今年(四十一年)は七月下旬高頭式、田村政七両氏と共に鰍沢へ入った、宿屋は粉屋であった、夕飯の終るころ、向い合った室から、一人の青年が入って来た、私たちが、先刻から頻に白峰、白峰と話す …
作品に特徴的な語句
おが プレーン ほぐ うず せばま のめ こお 階段ステージ 穿 むかい たお かず せま まろ くちすす あい 退すさ おも ほの 揺籃クレードル ちいさ まだ ますま 単調モノトニイ もり 湿うるお 釉薬つやぐすり 掠奪ひった おおき むしく まば おく 凶兆しらせ きめ 稜角リッジ ピーク なだ せば うな もぐ 消魂けたた いつも 侏儒いっすんぼうし まばら 盆地ベースン あらわ うずた 囲繞いじょう のこん さえ 柳川やかわ はさ こまか あお ぶち すさ ゆら 蝙蝠かわほり つかま かぎ こいし しきり 上野こうずけ ひそ くら 波動バイブレーション 法衣ほうえ とこし くしけず やみ 榾火ほだび ぼか あわ