“峰”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みね81.0%
2.9%
2.9%
ピーク2.9%
1.9%
たけ1.9%
ほう1.9%
ぽう1.9%
1.0%
みな1.0%
ミネ1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は毎日のように夕方になるとこの町に最後の別れをするために、清水辺りから阿弥陀へかけての東山の高見へ上っていました。
蝶が飛ぶ 葉っぱが飛ぶ (新字新仮名) / 河井寛次郎(著)
谷からに生えつて居る萱原は、一様に上へ/\とり昇るやうに、葉裏を返してき上げられた。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
また「遅速をこそ待ため向つの椎の小枝の逢ひははじ」(巻十四・三四九三)と或本の歌、「椎の小枝の時は過ぐとも」の思比四比と書いているから、ではあるまい。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
しかし氷河を欠いた日本アルプスには、それほど雪の働きを示さないから、岩石は鋭い山稜や、尖ったとなって、粗硬な形態を示している。
高山の雪 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
さへにきなな高峰ひて 〔巻十四・三五一四〕 東歌
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
天の石位を離れ、天の八重多那雲を押し分けて、稜威別き道別きて一〇、天の浮橋に、浮きじまり、そりたたして一一竺紫日向の高千穗のじふる一二天降りましき。
樵歌には「祝」が「※」又「※」に作つてある。字書にの字はあるが、の名は祝融であらう。霞亭は朱子に次韻した。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
やかな滴々が、いつの雨に流されてか、半分けた花の海はのなかにしなく広がって、見上げる半空には崢嶸たる一半腹からかに春の雲を吐いている。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
峰の松原も、空様に枝を掻き上げられた様になって、悲鳴を続けた。谷からに生えって居る萱原は、一様に上へ上へとり昇るように、葉裏を返してき上げられた。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
晝前のうちにらずらず支度はしてまするとて、首尾よく受合ひておりぬ。
大つごもり (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
またさらに吉野ユリ、宝来寺ユリ、多武ユリ、叡山ユリの名もある。また浮島ユリとも箱根ユリともいわれる。
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)