“滴々”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
てきてき60.0%
たらたら16.0%
したたり8.0%
てき/\8.0%
たら/\4.0%
だらだら4.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
がかわいているとみえて、蛾次郎はそこで一息つくと、岩層のあいだから滴々と落ちている清水へ顔をさかさまにして、口をあいた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
手の震えで滴々露散るごとき酒のの色ならずや、酌参るお珊の手を掛けての影ながら、青白きが映ったのである。
南地心中 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
雨の滴々しとしとと屋根を打って、森の暗さがを通し、が黒く染込む絵の、鬼女が投げたるにかけ、わずかに烏帽子って、太刀に手をかけ、腹巻したるめに
縁結び (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
おほよそ此等の毒は滴々我心上に落ち來りて、われは我心のこれが爲めに硬結すべきか、さらずば又これが爲めにその血をらし盡すべきをおもひたりき。
一寸でもると、のまゝ、いきなり、むで、から衣絵さんのひさうである、とつたばかりでも、あゝ、滴々れる。……結綿鹿のやうに、喀血する咽喉のやうに。
続銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
何か言いそうにした口の、ただまたニヤニヤとなって、滴々と垂るる中へ、素直にずきんと刺した。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)