縁結びえんむすび
襖を開けて、旅館の女中が、 「旦那、」 と上調子の尻上りに云って、坐りもやらず莞爾と笑いかける。 「用かい。」 とこの八畳で応じたのは三十ばかりの品のいい男で、紺の勝った糸織の大名縞の袷に、浴衣を襲ね …
作品に特徴的な語句
燭台しょくだい 稲妻いなづま 通夜つや もも 井戸いど 撞木しゅもく 般若はんにゃ 緋縮緬ひぢりめん 伽話とぎばなし 手柄てがら 請合うけあ 半襟はんえり コウシ 面倒めんどう さん 他愛たわい 敷居しきい 逆立さかだ 座敷ざしき 硝子窓がらすまど 辞儀じぎ ちゅう 母衣ほろ 蹴落けお 小手こて 煙突えんとつ 片頬かたほお 見詰みつ 手甲てっこう 世辞せじ 暮方くれがた 太息といき 串戯じょうだん すみ 可哀相かわいそう 直様すぐさま 熊野ゆや 天保てんぽう くさびら 人柄ひとがら 内端うちわ かじ 迷惑めいわく 行儀ぎょうぎ 高髷たかまげ つくえ 戒名かいみょう 挿画さしえ 狭間はざま 瓦屋根かわらやね 行交ゆきか 丈長たけなが 天日てんぴ 歌留多かるた 白張しらはり 白脛しらはぎ 評判ひょうばん 経机きょうづくえ はげ すぼ 一生懸命いっしょうけんめい 伸上のびあが 山颪やまおろし 打頷うちうなず 腰巾着こしぎんちゃく うすもの 掻込かいこ 片褄かたづま 繻珍しゅちん 目前めさき 小造こづくり 極彩色ごくさいしき 巌乗がんじょう 田地でんじ 性急せっかち 仮名かな 引手ひきて 文金ぶんきん 桑畠くわばたけ きぬ 腕組うでぐみ 川柳せんりゅう 笑声わらいごえ おはか 多人数たにんず 遠山とおやま 見知越みしりごし 含羞はにかん 坐蒲団すわりぶとん 杯盤狼藉はいばんろうぜき 移香うつりが 鬼女きじょ 門札かどふだ 横手よこって 半町はんちょう 居室いま 白歯しらは 着換きか 引立ひった