縁結びえんむすび
襖を開けて、旅館の女中が、 「旦那、」 と上調子の尻上りに云って、坐りもやらず莞爾と笑いかける。 「用かい。」 とこの八畳で応じたのは三十ばかりの品のいい男で、紺の勝った糸織の大名縞の袷に、浴衣を襲ねたは、今しがた湯から上ったので、それなり …
作品に特徴的な語句
トイ フタツ かずき チゴウ 上下ウエシタ こぼ ひん ふるく あわい 嬰児ねんね オモテ いつく ウロコ ソソ さびし あらたま あが みまわ マナコ すずし たずね わず 引張ひッぱ きまり せなか じき はずか あかり つッ シュ 祖母おばあさん めん だき さみ かぶり 母親おっかさん 反対あちこち なり よりかか 一飛ひとッと やさし とこ ばかり しま おおき マユ いそ なな まば おそろ 物寂ものさびし あまり なつか えい しゃ おっ ことば ねむ またたき やわらか 含羞はにかん きれ いで かさ 参詣おまいり くれない いにし 寂寞じゃくまく つい よそおい 故郷こきょう まご 賭博かけ はず 墳墓はか あやし うしろ おはか コウシ こら たしな 諳記そら 可笑おかし ねじ くさびら ぬい 引払ひっぱた なり せな ばばあ