“反対”のいろいろな読み方と例文
旧字:反對
読み方割合
はんたい43.2%
あべこべ43.2%
うらはら4.0%
むこう3.2%
あちこち2.4%
ぎゃく1.6%
はんてえ0.8%
ひきか0.8%
ヴアイス・ヴアーサ0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あたりまえならば王位をつぐのが順序でありますから、人民は、なんといって、反対すまいものでもなかったのであります。
黒い塔 (新字新仮名) / 小川未明(著)
そしてまた(結婚式は、安東村の、あの、乞食小屋見たような茅屋で挙げろ)でしょう。貴下はまるッきり私たちと考えが反対だわ。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
さりながら論語きて梅暦六韜三略とする当世若檀那気質れとは反対にて愈々もしからず。
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)
直ぐに取ろうとする、柄杓は、水の中をするすると、反対まえに、山の方へ柄がひとりで廻った。
悪獣篇 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「いいえ、違うよ。私のはまた全く芳さんの姉さんとは反対で、あんまり深切にされるから、もう嫌で、嫌で、ならないんだわ。」
化銀杏 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
だってさん、そうじゃあねえか、俺らは御岳の氏子だよ。それ神様というものは、氏子を守護るがお義務だ。ところが話は反対じゃあねえか。干乾しにしようって云うのだからな
任侠二刀流 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
己に面と向って反対した奴で、その後でいい目に遭った奴は、一人だっていねえんだぜ、トム・モーガン。そいつぁ間違えっこなしだぞ。
美妙が私と同齢の青年であるとは前から聞いていたが、私の蓬頭垢面反対えてノッペリした優男だったから少くも私よりは二、三歳弱齢のように見えた。
美妙斎美妙 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
斯の如く、固有性に於て慰藉物なるもの、附属性に於て実用品たることあり(之と反対の例をも見よ)。