悪獣篇あくじゅうへん
つれの夫人がちょっと道寄りをしたので、銑太郎は、取附きに山門の峨々と聳えた。巨刹の石段の前に立留まって、その出て来るのを待ち合せた。 門の柱に、毎月十五十六日当山説教と貼紙した、傍に、東京……中学校水泳部合宿所とまた記してある。透して見ると …
作品に特徴的な語句
のけ いな ひらっ すさ もや いたわ いこ とば ばな 真向まの 憂慮きづかう 端折ばしょ もた なか いい 吃驚おどろき おこない げん とき つづけ 父爺とっさん けがら せなか 丁々トントン しょう うわ おろ 以前さき 突端とっぱずれ 短艇ボオト うしろ 莞爾にこ 蝸牛でんでんむし わなな おのの ともし かば さかしま 退すさ せきばらい いとすじ そびら じく いだ なかくぼ ともし もゆ きもの かわり かた なざさ とま うずく 一層ひとしお 一束ひとたばね とおり 居処いどこ むこ かぶり しま うなず おも 反対むこう 口惜くちおし 各自おのおの 一時ひとしきり むき またたき ちぢみ びん もやい ほん 前途むこう まな 背負おぶ さかり 発見みいだ ぴき こうべ いで わが あし つめた 莞爾にっこ じっ つぶら つくば ことば あや やわらか 醤油おしたじ おし もと