“醤油”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しょうゆ57.8%
したじ14.7%
しやうゆ8.8%
おしたじ7.8%
したぢ4.9%
しようゆ2.0%
しやういう1.0%
しょうゆう1.0%
じょうゆ1.0%
たまり1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
表町で小さいを借りて、酒に醤油に炭、塩などの新店を出した時も、飯が惜しいくらい、クルクルと働き詰めでいた。
新世帯 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
正宗の壜を鉄瓶より抜き出して明るき方へ透して見「大原さん、お醤油の中へ白いような雲のようなものがいくつも出来ましたろう。 ...
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
けて、ぐいとつて、醤油掻𢌞せばぐにべられる。……たち小學校時分に、辨當が、よくだつた。
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
しょぼしょぼした眼をいつもより大きく見開いて、妹が御飯粒や醤油を少しでもこぼすと、すぐにがみがみ叱りつけた。
ブリキの鐵瓶にれて、ゴトリ/\とて、いや、うでて、そつと醤油でなしくづしにめるとふ。——つては、湯豆府慘憺たるものである。……
湯どうふ (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
彼等はそれから茶碗もべたりといて、單純醤油した液汁して騷々敷饂飩つた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
又日本の粗末な器物や米醤油の様な食料品を売る家も巴里に幾軒かあるのを見る。等の好事家何処まで深く日本を領解して居るかと想像すると甚だ怪しい。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
それからまた岱水では「のかびをかき分けて」というのと、巻はちがうが「月もわびしき醤油」というのがある。
連句雑俎 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
の三醤油 秋 第二百十二 魚のグレー
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
姉はその前に立って、大きな味噌を弟にかせて、毎日食膳に上る手製の醤油はその中で造られることなどを話して、それから厳重な金網張の戸の閉った土蔵の内部へ三吉を案内した。
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)