食道楽くいどうらく春の巻はるのまき
小説なお食品のごとし。味佳なるも滋養分なきものあり、味淡なるも滋養分饒きものあり、余は常に後者を執りていささか世人に益せん事を想う。然れども小説中に料理法を点綴するはその一致せざること懐石料理に牛豚の肉を盛るごとし。厨人の労苦尋常に超えて口 …
作品に特徴的な語句
あたため ぐい おえ 化粧しゃれ かえ ひらっ こころよし いぶ こうば 美味よきあじ いざない したがわ しかし むけ 大海だいはい ゆたけ けい のこし おもっ 美味いしゅ 戯言しゃれ まぜ つぶ すま いき 附着つい さま こぼす みつる もちい たら 大切おおぎれ きっ あわただ うま しっぽ あげ すぐ あわ 美味おいしゅ もっと かい こめ とい とどま たべ かん 生活ぐらし 大嫌だいき 悉皆そっくり やっ うま 晩餐ごぜん かぎっ 対照てりあわ かおり 沸騰にた 食卓てーぶる こぼ たっ がしら 良人やど あじわい ぷり さだめ ためし たわ さめ いで うし ゆき 塩鮭しおさけ たち いそがわ 不味まずく つい とく ちいさ かい さか すこし かたわら のみ まず あが 襯衣はだぎ おおき 美味びみ ぶり
題名が同じ作品
食道楽:秋の巻 (新字新仮名)村井弦斎 (著)
食道楽:冬の巻 (新字新仮名)村井弦斎 (著)