“薫”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かおり21.4%
かお20.8%
くん12.6%
かを8.8%
かおる6.7%
かをり5.9%
くゆ4.4%
3.2%
かんば2.1%
かん1.8%
1.5%
くゆり1.5%
かほり1.2%
かをる1.2%
かほ1.2%
にお0.9%
にほ0.6%
いぶ0.6%
くゆら0.6%
0.3%
かおりぐさ0.3%
かぐ0.3%
かぐは0.3%
かぐわ0.3%
かほる0.3%
かをら0.3%
くす0.3%
こう0.3%
たきもの0.3%
だき0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すると、軽く膝をいて、蒲団をずらして、すらりと向うへ、……の前。——此方に劣らずは重ねたのに、りとした。
妖術 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
は、わんのをのぞくと、いらんのがぱっといて、れがたいりがしたのです。これをた、はとどろきました。
らんの花 (新字新仮名) / 小川未明(著)
と共に手を携え肩をべ優々と雲の上にには白薔薇じて吉兵衛を初め一村の老幼芽出度とさゞめく声は天鼓を撃つ
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
て、りの抽斗から、高尾薄雲一粒選して、ずらりとべてせると、少年鷹揚たが
人参 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
室内へ案内することをいろいろに言って望まれた家の人は、断わりようがなくて南の縁に付いた座敷へ席を作っては招じられた。
源氏物語:52 東屋 (新字新仮名) / 紫式部(著)
に、町一面きしいた眞蒼銀杏が、そよ/\とのへりをしくそよがせつゝ、と、てる。……
十六夜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
花鬘をそのにかけ、果を供え、樟脳に点火してらせ廻り、香をき飯餅を奉る、祠官神前に供えた椰子を砕き一、二片を信徒に与う。
その後姿に、ゆらすとみえた、紫煙のけむの一片。それが白い。ぽんと、げすてられたその殻。地におちて、なほる余燼。
(新字旧仮名) / 高祖保(著)
そういわれていい筈なのに、かえって、半兵衛の名は、美濃一国に、人々から尊敬のになっているのみか、敵国の尾張までしく聞えている。
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「どうじゃ範宴、きょうは、わしにいてこないか」陽が暖かくて、梅花ばしい日であった。庭さきでもうように、慈円はかろく彼にすすめる。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
たゞ母の衣には、何と云うものか特別に甘い匂のする香がきしめてあったので、じっと無言で抱きしめられている間が好い気持であった。
少将滋幹の母 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
この時の苦しさは、後の別の時に増したり。後の別の時には、媼は泣きつれど、何事をもいはざりき。既にを出でしとき、媼走り入りて、に半ば黒みたる聖母の像を、扉より剥ぎ取りて贈りぬ。
おかみさん、どうぞ、その花をお呉んなさい、その一つで三つの花、薔薇と鈴振花茉莉花の三つの香がするの高い意地惡さうな花をさ。
わるい花 (旧字旧仮名) / レミ・ドゥ・グルモン(著)
そこで綱宗の吉原へ通つた時、何屋の誰のへ通つたかと云ふと、それは京町の山本屋と云ふ家のと云ふ女であつたらしい。
椙原品 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
その一本の線香の細さ、立ち昇る煙のたよたよしさ、——少女は勿論目を閉ぢたなり、線香のりをいでゐるのである。
わが散文詩 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
通ったらぷーんとって来たではないか。この雪道、どうして素通りできる。……意地悪をするなよ。こらっ。こらッ
上杉謙信 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「咲く花のふがごとく今盛なり」と歌われたみ代に、何故このみ仏は受難の相貌を呈しているのであろう。何故、口辺の美しい微笑は消え去ったのか。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
床は呪水に濡らされ、身は護摩の煙にさるゝは、これがために非ずや。我知らじとやおもふ、汝はダンテを讀みたるを。
夕御飯が済んでも、お父さんは葉巻を一本し尽すまで、何彼と子供の相手になって他愛がない。子供を煩さがりながらも、斯うやっている間に頭が休まるという。
親鳥子鳥 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
駿河臺紅梅町にそのほる明治功臣竹村子爵との尊稱千軍万馬のうちにみし、つぼみのけるにや、次男とて才識らびはる美少年
たま襻 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
そういう中で、わたしの好きなだけは残った。
秋草 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
畑の中央部につた可愛らしい小さな家も無論取こぼたれた。それを取囲んでゐたはしいを放つ多くの草花は無造作に引抜かれて、母家の庭の隅つこへ移し植ゑられた。
新らしき祖先 (新字旧仮名) / 相馬泰三(著)
唯後に残つたは、向うの岸の砂にさいた、したたかな柳の太杖で、これには枯れ枯れな幹のまはりに、不思議やしいの薔薇の花が、しく咲き誇つて居つたと申す。
きりしとほろ上人伝 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
その一部始終を心のに繰返しつつ、異国より移し植えたる、名も知らぬ草木しき花を分けて、ほの暗き小路を歩み居しが、ふとを挙げて、行手を見れば、われを去る事十歩ならざるに
るしへる (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
『あなたのさんや千枝子さんはどうしていらつしつて。』
帰つてから (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
垂しより已來本尊現化の秋の月はさずと云所も無く眷屬結縁の春のずと云ふ袖も方便には罪有る者を抑々義長の品行
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
しき是へ御上りあれとゆゑ長八は御構下さるなと其所へ四邊を見るにの方は破れたる二屏風を立回し此方にはれ懸りし一ツ鑄懸か眞黒にぶりたる一ツを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
懐中の名香、そのとき殿中にじ渡る。献上の品は何々ぞ。
ハビアン説法 (新字旧仮名) / 神西清(著)
此の大臣もまた「形美麗に有様いみじきこと限りなし」「大臣のおん形気はひよりはじめて世に似ずいみじきを云々」
少将滋幹の母 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
そこはかとなく心に染むそらもの。たゆたひ勝ちにあはれを語る初更のさゝやき。深くも恥らひつゝ秘むる情熱——これらの秋は日本古典の物語に感ずる風趣である。秋それ自身は無口である。
秋の七草に添へて (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)