“くん”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:クン
語句割合
41.7%
24.3%
7.8%
3.9%
2.9%
2.9%
2.9%
1.9%
1.9%
1.9%
1.0%
1.0%
1.0%
1.0%
1.0%
薫々1.0%
1.0%
1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
露時雨夜ごとにしげくなり行くほどに落葉朽ち腐るる植込のかげよりは絶えず土のじて、鶺鴒四十雀藪鶯なぞ小鳥の声は春にもましてし。
矢はずぐさ (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
蝉取りの妙味はじっと忍んで行っておしいが一生懸命に尻尾を延ばしたりましたりしているところを、わっと前足でえる時にある。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
いつも変らぬことながら、お通は追懐の涙をぎ、花を手向けて香をじ、いますが如く斉眉きて一時余も物語りて、帰宅の道は暗うなりぬ。
妖僧記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
梅月で誰かにで遣った湯の返しのなかった事、常磐屋で大臣さんにお目に懸った事、船で花見の約束に行った事、こちらのからもしきりに笑い声が漏れるようになったが
油地獄 (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
『一なさい!』
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
ト向うが三等ぐらいな立派な冠木門。左がその黒塀で、右がその生垣。ずッと続いて護国寺の通りへ、折廻した大構地続で。
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
そこで勇仙がで読むことを教えたが、壮士には呑込めたような、呑込めないような面持
大菩薩峠:24 流転の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
一しきり休むとまた馬にがり、がむしゃらにけ出す。終日乗り疲れ黄雲落暉ずるころになってようやく彼は幕営に戻る。疲労だけが彼のただ一つの救いなのである。
李陵 (新字新仮名) / 中島敦(著)
それからかに紫雲がたなびいて異香がじたり、虚空に花が降ったり音楽が聞えて来たりして、夫婦はち金色の佛と変じ、黄金の蓮花に乗って天へ昇ってしまったのであるが
聞書抄:第二盲目物語 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
身動もせずとして兩足をつてると、吹渡生温くいと、半分た芭蕉の實や眞黄色した柑橙にあてられて、ゆくばかりになつてたのである。
怠惰屋の弟子入り (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
これから四ツ谷だりまで、そりゃ十年おつけのようなな若いものを二人でも三人でもおけ申さないでもございませんが、雪や雨の難渋なら、が御迷惑を少しずつ分けて頂いて
註文帳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ちゃんはあたしとおみき徳久利のように、長唄のおつきあいいにお師匠さんに連れてかれた少女だから、そのうちに書かなければならない。
そこで中宮は、あからさまに言葉に出して言われる。中宮、「無下に思ひじにけり。いとわろし。言ひめつることは、さてこそあらめ」。彼女、「人に随ひてこそ」。
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
何程才覚アリテ甲斐/\トモ義理ヲ知ラヌ誠ノ無者ヲ人ノ後見トハ成スベカラズト、皆人沙汰シアヘリ、隼人正ハ力ナク唯二人ノ小姓ト手ヲトリ徒膚足ニナリ阿部野ヲテタドリ行
聞書抄:第二盲目物語 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
見給え、この闖入者は薄と厚とを知らない、醤と油とをわきまえない、清と濃との分も、との別も頓着しない——およそ口腹を満たし得るものは、皆ひっかき廻して口に送る。
大菩薩峠:25 みちりやの巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
わけても、新婦は、まだ華燭のかがやきのせない金色釵子を黒髪にし、のたもとは薫々と高貴なとめの香りを歩むたびにうごかすのだった。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
で差出す手薄貧家容體其の内に九助は草鞋を洗ひて上にり先お里へも夫々挨拶して久々る話しをなす中にてお里が給仕にて麥飯
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
経済世界に至りては仏国もなく、ゲルマンもなく、またいずくんぞその恩あり、あらんや。英人いかに強情にして高慢なるも、酔いをずるには仏国葡萄の美酒をわざるべからず。
将来の日本:04 将来の日本 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)