李陵りりょう
漢の武帝の天漢二年秋九月、騎都尉・李陵は歩卒五千を率い、辺塞遮虜鄣を発して北へ向かった。阿爾泰山脈の東南端が戈壁沙漠に没せんとする辺の磽确たる丘陵地帯を縫って北行すること三十日。朔風は戎衣を吹いて寒く、いかにも万里孤軍来たるの感が深い。漠北 …
作品に特徴的な語句
しょう みず なんじ つく おろ うわ あず おそ なみだ 丈夫じょうふ げき よぎ しゃ ほう やす かたわら けい ぼく 道家どうか おお がえ ばく 絨氈じゅうせん むな とも きま とど ざん ここ くぎ もく 黄雲こううん おも はず おとしい 天幕てんまく けつ 太初たいしょ りょう 咽喉いんこう きゅう けん おのれ 臨終りんじゅう めい おびや しっ あい てい 後詰ごづ おこ きび さん ほう 檉柳かわやなぎ きわ ゆる ちょう 斬死ざんし えき きよ おと さか 奈何いか 如何いかん いや あざな 寡婦かふ ほう 小舎ごや かい てい たび したが おも おぼ まず 捕虜ほりょ 故人とも たた れん