“幟”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
のぼり94.6%
はた3.4%
のぼ1.4%
0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「主人を殺した鍼は、あの部屋の壁の中に叩き込んであったよ。番頭を殺した剃刀は、多分あのの竿の割れ目に入っているだろう」
「な、なんだろう」行列の先には、白木の箱をってゆく者だの、きらきらとかがやく仏具やをささげて行く者もあった。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
都内を歩き廻って見ても鯉りなぞ少なくなった。我々子供時分は三間、五間という長さの鯉幟りと吹き流しを自慢で屋根へ上げた。真鯉という黒い鯉の下へ緋鯉を追掛け鯉として必ず上げた。
昔の言葉と悪口 (新字新仮名) / 三遊亭金馬(著)
翌日、李陵韓延年かにれと疾呼しつつ、胡軍の最精鋭は、黄白のを目ざして襲いかかった。その勢いに漢軍は、しだいに平地から西方の山地へと押されて行く。
李陵 (新字新仮名) / 中島敦(著)