“のぼり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
82.4%
2.9%
2.9%
2.4%
1.2%
竿幟1.2%
紙幟1.2%
上舟0.6%
上騰0.6%
乃保里0.6%
0.6%
幟旗0.6%
旗幟0.6%
登旗0.6%
0.6%
0.6%
鯉幟0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其家は大正道路からある路地に入り、汚れたの立っている伏見稲荷の前を過ぎ、溝に沿うて、奥深く入り込んだ処に在るので
濹東綺譚 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
覚悟のことで、相応達者、いやせずにんだんだ。すると、段々両方からつてて、へさうないことになつた、ぐに
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
なぜ午までに着かなくっちゃならないんだか、訳が分らないが、聞いて見る勇気がなかったから、黙って食っついて行った。するとなるほどになって来た。
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
また我等のゐたる處にては、夜はそのの二歩を終へ、第三歩もはやその翼を下方に枉げたり 七—九
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
そして平気でおなさると、機運が助けて、6295
千住大橋で真ん中になる丸太を四本、お祭りの竿幟にでもなりそうな素晴らしい丸太を一本一円三、四十銭位で買う、その他お好み次第の材料が安く手に這入りました。
紙幟の鍾馗といふもめツけへした中揚底で折がわりい」とか、乃至は「腹は北山しぐれ」の、「何で有馬の人形筆」のといつた類で、いかにも下品であるが、併しポエチカルだ。
余が言文一致の由来 (旧字旧仮名) / 二葉亭四迷(著)
しきりと、ひきとめたが、皆、胸がんで長居ができなかった。芝村の腰かけ茶屋へ来て、昼飯をつかい、淀の上舟の時刻を聞いて、それまで、奥の床几で一眠りしていた。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
地気天に上騰て雨○雪○となれども、温気をうくれば水となる。水は地の全体なればの地になり。
此処有乃保里。是有罪人曝道路時、紙旗記罪状、書姓名、先以竿棒‐持此旗。斯徒毎日輪次掃‐除二条城外之塵埃。是出不浄者也。
エタ源流考 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
……外套の袖を振切って、いかが切れたように、穂坂は、すとんと深更の停車場に下りた。急行列車が、その黒姫山の古駅について、まさに発車しようとした時である。
菊あわせ (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
浮浪者たちから、お上人さまと呼ばれている者こそ、幟旗に書いてある同苦坊という僧侶であろう。
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
若い方は別に煙草も喫みたがらず、腰もかけたがらずに、しきりに馬場の景気、桟敷の幔幕、真黒く波を打つ人出、八幡宮の旗幟、小屋がけの蓆張などを、心持よかりそうにながめていました。
大菩薩峠:14 お銀様の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
稲荷の登旗に、大書を頼まれることが度々あって、父は幼年から亀田鵬斎や、その他の書家たちから可愛がられ、六、七歳の時分から、絵のたちがよいというので師匠の国年や芳幾
凶作でも無い限りは、早くから用意をして、家々では鯖の鮓をしこみ、甘酒の香が到る処にたゞよひ、子供は飽きるほど物を食べて、静かに大の秋風にはためく音を聴いた。
祭のさまざま (新字旧仮名) / 柳田国男(著)
また息長眞手の王が女、比呂比賣の命に娶ひて、生みませる御子、忍坂日子人太子、またの名は麻呂古の王、次に坂の王、次に宇遲の王三柱。
一期一会 もはや、五月の空には、あの勇ましい鯉幟が、新緑の風を孕みつつ、へんぽんと勢いよく大空を泳いでいます。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)