“じょう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
15.0%
14.1%
11.4%
9.3%
6.4%
6.4%
4.5%
4.4%
4.0%
3.5%
3.5%
3.1%
2.9%
2.1%
1.7%
1.3%
0.9%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.4%
0.3%
0.3%
女偊0.1%
0.1%
0.1%
定跡0.1%
0.1%
素姓0.1%
老嬢0.1%
0.1%
0.1%
鎖鑰0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それに戸棚という戸棚、押入という押入のたぐい、いずれをも押してみても、がっちりが下りている、そうでなければ釘附けです。
大菩薩峠:41 椰子林の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
少しは邪推の悋気すも我を忘れられしより子を忘れられし所には起る事、正しき女にも切なきなるに、天道怪しくもを恵まず。
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
、兄は押絵になって、カンテラの光りの中で、吉三の代りに、嬉し相な顔をして、お七を抱きしめていたではありませんか。
押絵と旅する男 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
その頃、崖邸のおさんと呼ばれていた真佐子は、あまり目立たない少女だった。無口で俯向で、にはよく片唇んでいた。
金魚撩乱 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
序でに酒屋へ行って酒を二升、味淋を一升ばかり、それから帰りに半紙を十ばかりに、煙草を二玉に、草鞋の良いのを取って参れ
も太いが手ぎわもいい、たちまち三あまりの絶壁の上へみごとにぐりついて、竹生島の樹木の中へヒラリと姿をひそませてしまった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
民をい、(教えの個条)にい、法を犯した罪によって、かの牡丹燈を焼き捨てて、かれらを九泉の獄屋へ送るというのであった。
世界怪談名作集:18 牡丹灯記 (新字新仮名) / 瞿佑(著)
わたしはかつて弋陽を勤めていたことがあります。その土地には猿が多いので、わたしの家にも一匹を飼っていました。
万事がそういう調子なのですから、真に遊びになります。しかも舟はだなで洗い立ててありますれば、清潔この上なしです。
幻談 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
むろんそれは、手組にのってをこえ、のそうどうにじて、ここへ潜入してきた、木隠龍太郎巽小文治のふたりである。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
日永の頃ゆえ、まだかかるまでもないが、やがて五時も過ぎた。場所は院線電車の万世橋の停車の、あの高い待合所であった。
売色鴨南蛮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それは丸太んで出来た、やっと雨露ぐだけの、めてざっとした破屋で、さはならば二十けるでございましょう。
やがて、中でもいちばん勇敢なネズミが一ぴき、その穴の中にとびこんで、いまにもグリンミンゲの中へ突入しようとしました。
ともすれば無情を感じ、隠遁を好み、一、全国の名所寺社でも行脚して歩いたら、さぞいいだろうと思うような、反世間的な、放浪的な気もちがあるものです。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
それをおとよはどうしても、ようございますといわないから、父のが少しも立たない。それが無念でらぬのだ。
春の潮 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
明十四日の上覧能に持参せよとのごがござったゆえ、うろたえてようやく借用の百金を調達いたし、さきほど受け質に参ったのじゃが、しかるに、どうしたことやら——
さきごろ、友人保田与重郎の文章の中から、芭蕉のき一句を見いだした。「朝がほや昼はおろす門の垣。」
大工の木曾ノ蒔絵の遠江ノ介、塗師の源五郎。いや居るわ居るわ……鼓打ちの桐作やら仮面打ちの道白までが……。
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
楽官補佐のと、打ち役のとは海をこえて島に逃げた。
現代訳論語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
これは右近で宰相中将の手もとに使っている男であった。
源氏物語:33 藤のうら葉 (新字新仮名) / 紫式部(著)
それはそのむかし予と交わりのあった喬公の二を見ることだ
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
いぐらお講だと言うても、年中に念仏や唱妙ばかりでもあんめえ、講の後で茶を飲めば、茶飲み話というのも出るでがしょう。話や相談はその時で結構じゃ。
天狗外伝 斬られの仙太 (新字新仮名) / 三好十郎(著)
四年の後、彼は、七位ノにまで、登った。
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
日本でも大安寺の勝業上人が水観をじた時同じく石を投げ入れられて、これはが痛んだという談があって、何も希有な談でも何でもない。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
、笑談じゃござんせんよ。あんまり大きな声をお出しなすったんで、をつぶしました。魚は川のと言うくれえなものなんだもの、ハヤがいたって何も珍しかござんせんよ」
女偊氏は一見きわめて平凡な仙人で、むしろ迂愚とさえ見えた。悟浄が来ても別にを使うでもなく、教えるでもなかった。
悟浄出世 (新字新仮名) / 中島敦(著)
そういうことに気がつきだしたころ、行く手の水が赤黒く濁ってきて、は目指す女偊氏のもとに着いた。
悟浄出世 (新字新仮名) / 中島敦(著)
串戯をいっちゃ不可ません。誰がそんな、だってお前さん、火の玉の一件じゃありませんか。ええ、おかみさん。
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
串戯をするな、、誰だよ、御串戯もんですぜ。から棒に土足を突込みやがって、人、人の裾を引張るなんて、土、土足でよ、、足ですよ、失礼じゃねえか、、何だな、、誰だな。」
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ある日、狸は自分ので、例のとおりありがたいごきとうをしていますと、がお米を三さげて来て、どうかお説教をねがいますと云いました。
蜘蛛となめくじと狸 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
何よりも先に平馬殿の処へ参いるのが定跡……とあの時に思うたけに、一つ平馬殿の器量をめいて見るつもりで、わざっと身共の潔白を披露せずにおいたものじゃったが。
斬られたさに (新字新仮名) / 夢野久作(著)
錦切れの衣裳をつけた正旦の鼠や、黒い仮面をかぶったの鼠が、続々、鬼門道から這い出して来るようになると、そうして、それが、飛んだり跳ねたりしながら
仙人 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
松の木の裏にれた女人の素姓は、まもなくわかりました。これは町内の木屋という木綿問屋の旦那のおでありました。
大菩薩峠:37 恐山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
山国なのに、町には晩に燈火もないのですから! 出かけるとします。暗やみばかりです。それで私は申すのです、そしてまた、お老嬢さままで私のように申されて……。
三島は先輩の家を出た。まだ雨が残っているような雨雲が空いちめんに流れている晩で、暗いうえに雨水を含んだ地べたがじくじくしていて、はねあがるようで早くは歩けなかった。
蟇の血 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
おい、それだっても無銭じゃあいけねえよ、りながら神方万金丹、一三百だ、欲しくば買いな、まだ坊主に報捨をするような罪は造らねえ、それともどうだお前いうことをくか。
高野聖 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
鎖鑰けてはくれなかった。自然はなかなか秘密がっていて
にあらず。無にあらず、動にあらず、にあらず、にあらず、にあらず……」その句も忍藻の身に似ている。
武蔵野 (新字新仮名) / 山田美妙(著)
州にという男があった。家は豊かで、その妻の実家も富んでいて、夫婦の仲もむつまじく、なんの欠けたところもなかった。
前足皆白い馬を、後足皆白きを、前右足白きは啓、前左足白きは、後右足白きは、後左足白きはなどなかなか小むつかしく分別命名しある。わが邦も毛色もて馬を呼ぶに雑多の称あり。