“しま”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:シマ
語句割合
20.3%
17.9%
11.5%
9.3%
7.6%
仕舞5.8%
4.8%
失敗3.7%
3.4%
3.1%
2.1%
1.6%
揣摩1.5%
1.0%
失策0.8%
志摩0.7%
0.5%
四万0.4%
0.3%
柳条0.2%
山斎0.2%
林泉0.2%
0.2%
0.2%
土地0.2%
0.2%
四萬0.1%
島嶼0.1%
0.1%
緦麻0.1%
代地0.1%
0.1%
ヶ島0.1%
三宅島0.1%
仕廻0.1%
仕損0.1%
佃島0.1%
保存0.1%
保有0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
場所0.1%
失念0.1%
始末0.1%
孤島0.1%
志万0.1%
0.1%
新佃島0.1%
0.1%
条白0.1%
社界0.1%
0.1%
0.1%
花街0.1%
詩魔0.1%
0.1%
0.1%
須臾0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大抵は無愛想なような、人の善さそうな爺さん連で、若い顔はであるが、彼等は日が暮れると、各自の箱に錠を卸して帰ってう。
愛書癖 (新字新仮名) / 辰野隆(著)
つるつる坊主の蒼白の顔に、小さなの絹の着物を着せられて、ぐったりわっている姿は文楽か何かの陰惨な人形のようであった。
廃墟から (新字新仮名) / 原民喜(著)
父も母も驚いて、大騒ぎして、薬をのんで、はきだしてえと言って、すすめたが、むっつりした兵さんは、やっぱり我慢していた。
あまり者 (新字新仮名) / 徳永直(著)
私は妻という(しての)気持から、あなたとしては極めて自然に云われた数言を、耳へしみこませ、わが懐の奥ふかくう心持です。
四国って、ばたの托鉢していているうちに、ある日いつどこで間違えたか、山の中へんでしまいました。
人馬 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
「吸血鬼事件も、これでお仕舞いになるでしょうな。どうも訳が分らないうちにお仕舞いになって、すこし惜しい気もするけれど」
恐怖の口笛 (新字新仮名) / 海野十三(著)
白いが、くるくると小さくなり、左右から、きりりとって、細くなって、その前髪を富士形に分けるほど、鼻筋がすっと通る。
沼夫人 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
失敗ッた」と口へ出して後悔してせに赤面。「今にお袋が帰ッて来る。『慈母さんこれこれの次第……』失敗ッた、失策ッた」
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
と、右の方から黒い大きな戸が音を立ててって来た。彼はしかたなしに足をめたが、その戸はみるみる左の方へ往ってしまった。
女の首 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
さらでだに虫の音も絶え果てた冬近い夜のしさに、まだ宵ながら家々の戸がピタリとつて、通行る人もなく、話声さへ洩れぬ。
赤痢 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
義雄の方でもそう言うし、貴様も当分謹慎していたいと言うものなら、俺も今度は見合せて帰る。まあ、この手紙はそっちへって置け
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「しかし友田屋、これは、少し無理かもしれないがね。人魚も骨肉相姦も、当分のうちは、神話の中にっておいたら、どんなものだろう」
人魚謎お岩殺し (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
宇内の大勢を揣摩し、欧洲の活局を洞観するの烱眼に到りては、その同時の諸家、彼に及ぶものなし、いわんや松陰においてをや。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
ピータ ぢゃ、うて洒落け? よし! すれば、名劍うて名洒落打挫いでくれう。さ、らしう試合うてい。
失策った——と思ってふりかえると、氏は書き終えたらしい手紙を四角な封筒に入れ、その端の糊を嘗め嘗め封をしているところだった。
深夜の市長 (新字新仮名) / 海野十三(著)
吹田村氏神の神主をしてゐる、平八郎の叔父宮脇志摩の所へ捕手の向つたのは翌二十日で、宮脇は切腹して溜池に飛び込んだ。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
わたしが望んだごとく、われわれのうしろの氷面が破れて、細い水のが現われて来た。それが遠く全体にわたって拡がっている。
警報隊長の四万中尉は、兵員の間に交って、いつもは東京全市に正午の時刻を報せる大サイレンの真下に立っていた。
空襲葬送曲 (新字新仮名) / 海野十三(著)
今日は浦人も城下に出でず、城下よりへ渡る者もなければ渡舟頼みに来る者もなし。夜に入りて波ますます狂い波止場の崩れしかと怪しまるる音せり。
源おじ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
那処に遠く小楊枝ほどの棒が見えませう、あれが旗なので、浅黄に赤い柳条の模様まで昭然見えて、さうして旗竿宿つてゐるが手に取るやう
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
卯の花は白く、鴨頭草は青く、かきつばたはうすい紫、あるひは青に紅の交りあつた色かとおもはれる。亡くなつたと二人で作つた山斎は黒くさへ見えるほど深い緑である。
或る国のこよみ (新字旧仮名) / 片山広子(著)
石多き林泉のたをりにつく鴨の寄り寄りにさびしおのがじしをる
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
却説兎と熟兎は物の食べようを異にす、たとえば蕪菁うるに兎や鼠は皮をいで地に残し身のみ食うる、熟兎は皮も身も食べてう。
太空は一片の雲も宿めないが黒味わたッて、廿四日の月は未だらず、霊あるが如き星のきらめきは、仰げば身もるほどである。
里の今昔 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
……とりわけ柳橋がお好きで始終あの土地へ行っておいでゞした。——西巻さんはその方の大のお気に入り。……お側去らずの恰好でしたから柳橋で西巻さんを知らなかったらそれこそモグリ。
春泥 (新字新仮名) / 久保田万太郎(著)
以て願へと雖も聞入びける故門外へ送り出すにぞお梅は腰掛にて暫時休息し又々訴訟所へどつさりり以前の如く申故又々送り出され最早夜に入り門もりければ是非腰掛に夜を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
もう三四里を歩いて四萬温泉へ廻らうか、それとも直ぐ中之條へ出て伊香保まで延ばさうかと二人していろ/\に迷つたが、に四萬へ行くことにきめて、晝飯を終るとすぐまた草鞋を穿いた。
みなかみ紀行 (旧字旧仮名) / 若山牧水(著)
自分は星斗しき空をば遠く仰ぎながら、心のには今日よりして四十幾日、長い/\船路の果にはるしい島嶼の事を思浮べた。自分はどうしてむざ/\巴里を去ることが出来たのであらう。
黄昏の地中海 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
金剛石だって、高々人間が大事がってっておくもんだよ、だね。金と灰吹はるほど汚いというが、その宝を盗んで来るのは、塵芥溜から食べ荒しをほじくり出す犬と同一だね、小汚ない。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
重きは斬衰の親から、輕きは緦麻の親に至るまで、苟くも喪服を着くべき關係に在る者は、法律上必ず特別の規定を設けて、一言一行と雖ども、その尊卑長幼の關係如何に應じて
……両人は、辰の刻、お仮屋前にてお出むかいいたし、お鷹狩のあいだに代地ならびに代のかこいの検証をすませておく。
顎十郎捕物帳:09 丹頂の鶴 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
いずれも四方にひろいをめぐらして隣接地と隔離させ、代地陸地との交通は、御飼場舟という特別の小舟で時刻をさだめて行うなど、なかなか厳重をきわめたものであった。
顎十郎捕物帳:09 丹頂の鶴 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
まず引掛の昼夜帯が一つ鳴ってった姿。わざと短い煙管で、真新しい銅壺に並んで、立膝で吹かしながら、雪の素顔で、をちらつく影法師を見て思出したか。
第二菎蒻本 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
いちばんの重罪は、文観僧正で、これは、平家のむかし俊寛がやられた鬼界ヶ島——つまり硫黄島流しときまった。
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
三宅島にいたころのことを思や、これでも極楽、下らねえ欲をかいて、変なことから、身性れでもすると、とんだことだと思って、つつしんではいるものの、精進ぐらしも、これで三年
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
仕廻つて休むがといふに下男彌助何さま然樣致さんと早々に見世をつけ戸をんとする處へ見上る如き大兵の武士禪杖を引さげつか/\と這入來り是々若いもの酒を一升かんを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
男は仕損ったと心得て、だいぶになりましたと気を換えて見たが、それでもが見えぬので、鯉がの方へ移ろうとしたのである。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
佃島の家にいることがすくなくなって、に、母の住むようになった、鶴見の丘の方のにいたし、佃島では出入りに不便でもあるので、小石川に大きな邸をもって
朱絃舎浜子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
その翌日もやっぱり今の通りに液を沸立てて栗へかけて一週間毎日そうしてそのまま保存っておくと一年過ぎても味が変らない。
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
パリス おゝ、かりそめにも勤行のおげをしてはならぬ!……ヂュリエットどの、木曜日にはうおきませうぜ。それまでは、おさらば。接吻保有っておいてされ。
加之年老つた両親と、若い妻と、妹と、生れた許りの女児と、それに渠を合せて六人の家族は、いかに生活費のらぬ片田舎とは言へ、又、倹約家の母がいかにつてみても
足跡 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
年老つた兩親と、若い妻と、妹と、生れた許りの女兒と、それに渠を合せて六人の家族は、いかに生活費のかゝらぬ片田舍とは言へ、又、儉約家の母親がいかにつてみても
足跡 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
っていたので、高島田にさした平打を抜いて、蓮葉に、はらんばいになったが、絹蒲団にもつかえたか、動きが悪いから、するりと起き上って、こう膝を立てていましたッてね。
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
下谷の旦那はなかなかっていらっしゃる方で、月々の極めた物のほかには一文も余計に下さらないもんですから、この寒空にむかってほんとうに困ってしまうと
半七捕物帳:10 広重と河獺 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
なんとなく、「ジャックと豆の木」の物語に出て来る天空にまでとどく豆蔓の化物のように思われた。螺旋階段の下には事務室へ通ずる入口の外にも一つ廊下に通ずる入口があった。
階段 (新字新仮名) / 海野十三(著)
のやうに乘上つたに、角柱大門に、銅板つて、若葉町てかゝげた、寂然とした、るい場所たからである。
飯坂ゆき (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
何となく燃えしぶった白けた心持で、其儘別れて始末ったという、別れる迄の小説的な事実。
大正女流俳句の近代的特色 (新字新仮名) / 杉田久女(著)
それからにはれて清流身體め、しいには留守居水兵日出雄少年凖備してれる孤島には不相應奇麗浴湯つて、しい夕食ると
肌がぴいんとって来た気がする。自然な温かい気持ちになり、モウレツに激しい恋をしてみたくなる。いろんな記憶の底に、男の思い出がちらちらとする。
新版 放浪記 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
木橋相生橋に潮がさしてくると、座敷ごと浮きあがって見えて、この家だけが、新佃島全体ででもあるような感じに、庭の芝草までが青んで生々してくる、大川口の水ぎわに近い家の初夏だった。
朱絃舎浜子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
無限てふことのこさ夢さめてなほらくを心慄へゐる
和歌でない歌 (旧字旧仮名) / 中島敦(著)
太い雨が竿る、水面は水煙を立てて雨がねる、見あげると雨の足が山の絶頂から白い糸のように長く条白を立てて落ちるのです。
女難 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
二人の中がその社界ぢゆうにおつぴらになつて見ると、女は意地にも男の心を引きつけて置かなけりやならない。それで居て女はちよいちよい浮気をした。
瘢痕 (新字旧仮名) / 平出修(著)
までくはないが、骨太肉附い、丸顏きなれ、り、柔和威嚴のある容貌で、生徒しんでました。
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
どの花街も哀れやいつ建つ草の波
艶色落語講談鑑賞 (新字新仮名) / 正岡容(著)
痩容詩魔の為のみならんや。往昔自然主義新に興り、流俗の之に雷同するや、塵霧高鳥を悲しましめ、泥沙に老龍を困しましむ。
「鏡花全集」目録開口 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
〔評〕十年の、私學校の彈藥製造所む。南洲時に兎を大隈山中にふ。之を聞いてへて曰ふ、つたと。爾後肥後日向に轉戰して、神色夷然たり。
「あがへるぐやと、早く来て見むとおもひて」(巻十五・三六二七)、「相見ては須臾しく恋はぎむかとおもへど弥々恋ひまさりけり」(巻四・七五三)
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)