獄中への手紙ごくちゅうへのてがみ05 一九三八年(昭和十三年)05 せんきゅうひゃくさんじゅうはちねん(しょうわじゅうさんねん)
〔巣鴨拘置所の顕治宛目白より(封書)〕 第二信きょうは風がきついけれどもいい天気。二三日あっちこっちしていて、こうやって机に向ってゆっくりこれを書くのがいい心持です。きのうはあれから気分でもわるくなりませんでしたか?熱が出たりしなかったでし …
作品に特徴的な語句
スエ たあ あさア 大家オーヤ わかり まぜ キン うべな 可怖おそ 上手うま カマ ツー こた つか かがや 如来ニョライ あわ あなが ふせ ずい 目醒めざめ 可訝けげん 柳沢ヤナザワ およそ あが 先達せんだって 仮令たと 凜々りんりん うなず なま カラ おそ はじ かみ 美味おい いん ひさし かす しら きれ すべから 何卒なにとぞ さらし あるじ 譫語うわこと 眼尻まなじり べに かど 四方よも 地形じぎょう 第二セコンド から 穿うが 耽溺たんでき 耀かがや はぐき ほり 濠々ごうごう きゅう もつ かすり 笹箒ささぼう 煩瑣はんさ さわ 濛々もうもう 産衣うぶぎ 生粋きっすい 玲瓏れいろう よみがえ ほとり ほぼ 痼疾こしつ 癩病らいびょう しゃく たま 猶太ユダヤ つぶ 積木つみき ひえ 神楽かぐら 硯屏けんびょう 砂利じゃり まぶた さかん ずる 白湯さゆ
題名が同じ作品