“遑”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いとま88.0%
ひま5.2%
あわただ3.4%
あわ2.1%
いと0.4%
いとまな0.4%
すき0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
近き頃森田草平が『煤煙小粟風葉が『耽溺』なぞ殊の外世に迎へられしよりこのを取れる名篇佳什漸く数ふるになからんとす。
矢はずぐさ (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
ッと一同が首をすくめるもあらばこそ、機関銃がパッと空中にねあがり、天井に穴をあけると、どこかに見えなくなりました。
崩れる鬼影 (新字新仮名) / 海野十三(著)
しかし、今日の生活はしく、変化が激しく、混んだ電車一つに乗るにしても、実際には昔風の躾とちがった事情がおこって来ています。
新しい躾 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
「うん。一しょに往くよ。」坊ちゃんはてて格子戸から降りて、下駄を穿いて、よしやのあとを追うようにして、走って出掛ける。
御母さんの弁舌は滾々としてみごとである。小野さんは一字の間投詞をまなく、口車に乗ってけて行く。行く先はより判然せぬ。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
さては往来き目も皆れて、この節季の修羅場天下へるは、何者の暢気か、自棄か、豪傑か、か、酔生児か、とき姿を見てる有れば、を識らんとふ有り
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
と声をたてるもなく
流線間諜 (新字新仮名) / 海野十三(著)