崩れる鬼影くずれるおにかげ
月光下の箱根山 それは大変月のいい夜のことでした。 七月の声は聞いても、此所は山深い箱根のことです。夜に入ると鎗の穂先のように冷い風が、どこからともなく流れてきます。 「兄さん。今夜のようだと、夏みたいな気がしないですネ」 「ウン」兄は真黒 …
作品に特徴的な語句
はし どま 附着ふちゃく づく づま さが じゅう むこ どう かたわ こころ うずくま つか 微笑びしょう かい はず いきお 真暗まっくらで つかま やわらか たし むな なな 一刻いっこく はず よろ 触手しゅくしゅ つの 寝台しんだい さかさ さいわ いっ がね くるし 戸外こがい ずね こく とら どころ 内部うち くれない 露出ろしゅつ わし あり あが 灯火とうか きわ ただ たが 白毛しらげ けっ にく 白衣びゃくい こわ ごえ 猛然もうぜん ひしめ 現場げんば 熟睡じゅくすい 大約おおよそ 失敗しま なま わか 生物せいぶつ 町家ちょうか 寝台ベッド 見込みこみ 白昼はくちゅう 屋外おくがい 布地ぬのじ たいら 白木しろき あわ 引懸ひっか 弾丸だんがん 白煙しろけむり うご のち さら 推移すいい かた つな 破片はへん だる