“尽”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
つく31.3%
ことごと26.4%
24.3%
つき5.7%
こと/″\4.4%
つか2.6%
づく2.1%
じん0.5%
ことごとく0.3%
すべ0.3%
0.3%
つきて0.3%
つくし0.3%
つくす0.3%
0.3%
づくし0.3%
はずれ0.3%
コトゴト0.3%
ツキ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さて一同の目の前には天下の浮世絵師が幾人よって幾度丹青しても到底描きされぬ両国橋の夜の景色が現われるのであった。
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
既に決定せられたがように、えこの頂きに療院が許されたとしても、それは同時にくの麓の心臓が恐怖を忘れた故ではなかった。
花園の思想 (新字新仮名) / 横光利一(著)
狼火……そして最後武運いよいよきてのあの落城……四百年後今日してみるでも滅入るようにじます。
そも/\和獣の王、くしてる。菓木皮虫のるゐをとして同類ず、田圃ず、すはたる時也。
しこれもまた、長吉には近所の店先人目く自分ばかりを見張つてるやうに思はれて、とても五分と長く立つてゐる事はできない。
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
菊「そんならおぬしゃあ盗人と、知ってもやっぱり愛想もさず、」源「お前と一所に居たいのは、にもいう似た者夫婦、」菊
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
久「うよ、がやったっけ、何かえ……然うさ通常の文をやっても、これ面白くねえから、何かでやりてえもんだなア」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
或はめるは、にこの時なるなからむや、今は山と、人と、石室と、地衣植物と、天地を霧の小壺に蔵せられて、混茫一切をぜず、登山の騎客はく二合二勺にて馬を下る。
霧の不二、月の不二 (新字旧仮名) / 小島烏水(著)
天地皆暗ク満目冥冥タラバ眼ナキト別ツベキナク、万物静ニシテ千里蕭条タラバ耳ナキト別ツベキナシ。
呉秀三先生 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
て是れ、当年の血戦場——
大菩薩峠:33 不破の関の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
それから大殿様の御云ひつけで描いた、女房たちの似絵なども、その絵に写されたゞけの人間は、三年とたない中に、皆魂の抜けたやうな病気になって、死んだと申すではございませんか。
地獄変 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
一里半富海(一名)駅なり。駅山路にかかる。浮野嶢といふ。すべる所、望む所、貞世紀行尽せり。山陽道中第一の勝景と覚ゆ。一里浮野駅。一里宮市駅。三倉屋甚兵衛の家に休す。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
終にここを捨てて女子高等師範学校の教官となりしは昨年春の事なりけん。で九月始めて肺患にり後赤十字社病院に入り療養をもなく今年二月一日に亡き人の数には入りたりとぞ。
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
一 女子は我家に有てはわが父母に専ら孝を行ふ也。されども夫の家にゆきては専らを我親よりも重んじて厚くしみ敬ひ孝行をべし。親のを重んじ舅の方を軽ずる事なかれ。
女大学評論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
私が桑港にいるとき、一九二四年九月十八日の夕、新聞の号外売りが、声高く「ラッセン火山大爆裂、シャスタ氷河大融解」と、大の字くしで呼んでいるので、耳寄りに思って買って見ると
火と氷のシャスタ山 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
福沢諭吉先生の『世界国』、川本幸民先生の『気海観瀾広義』(これは物理の本で文章がうまく好んで読んだものである)、又『輿地誌略』『窮理図解』『天変地異』もあった。
湯の谷もここは山の方への家で、奥庭が深いから、の騒しいのにもかかわらず、とした藪蔭に、細い、青い光物が見えたので。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
葉ハ冬ヲ経レバク紅ナリ、霜ヲ負テ落チズ、春時扞挿スレバ活シ易シ
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)