“つくし”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ツクシ
語句割合
筑紫57.6%
土筆35.3%
竺紫1.2%
1.2%
土筆草1.2%
1.2%
1.2%
衝石1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大伴旅人の歌に、「此処にありて筑紫何処白雲の棚引く山のにしあるらし」(巻四・五七四)というのがあって、形態が似ている。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
下るべき水は眼の前にまだく流れて碧油をなす。岸は開いて、里の子の土筆も生える。舟子は舟をに寄せて客を待つ。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
次に佐佐宜の王は、伊勢の神宮をいつきまつりたまひき。この御世に、竺紫の君石井、天皇の命に從はずして無きこと多かりき。
はいなめ醜めきき國に到りてありけり。かれ吾は御身せむ」とのりたまひて、竺紫日向の橘の小門阿波岐に到りまして、へたまひき。
ひ出し申上候處其事私しへり夫は/\誠にしき責苦を受候御事詞にも筆にもがたく斯樣の儀を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
里扶持として下し都合八百五十石といよ/\忠勤けり徳太郎君は日を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
じき下には、地方裁判所の樺色の瓦屋根があって、その先には道庁の赤煉瓦、その赤煉瓦を囲んで若芽をふいたばかりのポプラが土筆草のようにがって細長く立っていた。それらの上には春の大空。
星座 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
彼は毎日、汚れた浅黄の手拭で頬冠りをして、使い古した、柄に草木の緑色が乾着いている、刃先の白いを担いで、鉈豆煙管煙草を燻しながら、芋蔓の絡んでいそうな、籔から籔と覗き歩いた。
(新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
終にここを捨てて女子高等師範学校の教官となりしは昨年春の事なりけん。で九月始めて肺患にり後赤十字社病院に入り療養をもなく今年二月一日に亡き人の数には入りたりとぞ。
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
即ち単に「突く衝石」という以外に、更に第二の系統に属する「ぐ」という趣旨が添加していたからだと信ずる。