“御身”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おんみ72.2%
おみ22.2%
みみ3.3%
おまえ1.1%
おほみま1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
御身の位地として相当の準備なくてははず、第一病婦の始末だに、きがたき今日の場合、如何ともせんやうなきを察し給へ。
母となる (新字旧仮名) / 福田英子(著)
それでお電話を差上るので御座いますが……その若様の御身の上について大切な御報告を申上げたい事が御座いますので……ハイハイ。
超人鬚野博士 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
水齒別の命、多治比柴垣の宮にましまして、天の下治らしめしき。天皇、御身九尺二寸半。御齒の長さ一、廣さ二。上下等しくひて、既に珠をけるが如くなりき。
そう雄弁滔々まくしかけられちゃア困るて。御身は本当に——だ。すぐむきになりよる。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
はいなめ醜めきき國に到りてありけり。かれ吾は御身せむ」とのりたまひて、竺紫日向の橘の小門阿波岐に到りまして、へたまひき。