小説 不如帰 しょうせつ ほととぎす
不如帰が百版になるので、校正かたがた久しぶりに読んで見た。お坊っちゃん小説である。単純な説話で置いたらまだしも、無理に場面をにぎわすためかき集めた千々石山木の安っぽい芝居がかりやら、小川某女の蛇足やら …
作品に特徴的な語句
土瓶どびん 薩摩さつま 燭台しょくだい 女々めめ 離室はなれ 輿入こしいれ 鬱憤うっぷん 嫌疑けんぎ 祇園ぎおん 石燈籠いしどうろう 覚悟かくご 眉宇びう なみ 伊豆いず 鵜呑うの 従弟いとこ 戦争いくさ 枝折戸しおりど なつめ 芝生しばふ 掻巻かいまき 香港ほんこん 殲滅せんめつ 不束ふつつか 梶棒かじぼう 大喝どなり 淋漓りんり 失踪なくな 我邦こっち 十重二十重とえはたえ 巍然ぎぜん 牡丹餅ぼたもち 近衛このえ 香奠こうでん 余裕ひま 渾身こんしん 一室ひとま 慷慨こうがい 尨大ぼうだい わん 駒下駄こまげた 疳癪かんしゃく 丹精たんせい 逗子ずし 衣桁いこう 轟然ごうぜん 討死うちじに 御挨拶ごあいさつ 癇癖かんぺき 人影じんえい 花簪はなかんざし 詮方せんかた 賜物たまもの 凛々りり 腕車わんしゃ 仁王におう 品川しながわ 海嘯かいしょう 片唾かたず 蹉跌さてつ 直々じきじき 空蝉うつせみ 三人みたり 両人ふたり 函館はこだて 家作やづく ほこ 碇泊ていはく 賞翫しょうがん 人品ひとがら 今生こんじょう ひぐらし 悠長ゆうちょう 万更まんざら 経綸けいりん 結縁けちえん 鎌倉かまくーら 苦痛くるしみ あがな 小石川こいしかわ 時節とき 日脚ひあし 胚胎はいたい とりしば ほたる 七歳ななつ 太息といき 看破みやぶ 半歳はんとし くじ 蛇足だそく すし 声高こわだか いなずま 栄耀えいよう 翌年よくとし 太閤たいこう 後影かげ 相州そうしゅう