小説 不如帰 しょうせつ ほととぎす
不如帰が百版になるので、校正かたがた久しぶりに読んで見た。お坊っちゃん小説である。単純な説話で置いたらまだしも、無理に場面をにぎわすためかき集めた千々石山木の安っぽい芝居がかりやら、小川某女の蛇足やら、あらをいったら限りがない。百版という呼 …
作品に特徴的な語句
なアん ひと よど 老爺わたくし きつ ゆた やつ まご 老爺おまえ さき 上下にまい とおー 結局まとめ もの 家内みんな つる おっかさん もの つこ 彼女あい やつ もの 老母おばあさん 良人あんた おかあさん ひと こと つえ 東京あちら あんた ぶり 正直まっすぐ おとっ 執念しゅうねい 執拗しつこく ぶん 東京あっち かか 阿母あぼ あわい 継母かか 中央まなか たれ ひね 良人あなた 自家われ はお じょう 彼女あのこ もの かみ 中央もなか あこ 化粧おつくり すき うご 顔色おいろ なか ひけ しゅう 汝達わいども くら なあに みいな 先方あっち 螺旋スクルー ひび 黒人くろんぼう さんぬ かんば 夕飯ゆう たなぞこ リギング さわり 平生かねがね 老爺じいや 良人ひと しあわせ 後妻あと おっか 朦朧ぼいやり 前額ひたえ ゆう 怜悧さと