“分”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
23.0%
わか22.9%
ぶん20.6%
19.0%
ぷん5.3%
わけ3.0%
ふん2.6%
わかつ0.6%
わかち0.5%
わかれ0.4%
ぶんの0.2%
わから0.2%
ぶり0.2%
わかり0.2%
わかっ0.1%
うつ0.1%
かわ0.1%
きだ0.1%
きは0.1%
0.1%
はらい0.1%
わげ0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もうっかりしのや、台所をあさりに出ると、やみに目がっていて、どんな目にあうかからなくなりました。
猫の草紙 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
馬鹿野郎をしてる。まるで文句らないから、巖谷けつけて、もうてゐるんだ。うつそりめ、をしてる。
春着 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
そのは、なかばにうずもれているためか、それほどのきではなかったけれど、注意をひくに十だったのであります。
三つのかぎ (新字新仮名) / 小川未明(著)
深谷の姿はドアがほとんど八目どころまで開いたのに見えなかった。まるでドアが独りでに開いたようだった。安岡はゾッとした。
死屍を食う男 (新字新仮名) / 葉山嘉樹(著)
しかるに、不思議なことには、に二つ時計がありましたが、どうしたことか、二つの時計三十ばかり時間っていました。
時計のない村 (新字新仮名) / 小川未明(著)
アルゼリヤでブリダアといふ市府ても怠惰ることがき、道樂をしてることが好きといふ次第である。
怠惰屋の弟子入り (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
これと云う句切りもなく自然りて、いつの間にか消えるべき現象には、われもまたを縮め、いて、心細さの細さが細る。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
然るに宋代には別に扁鵲中蔵経と云ふものがあつて、後人がこれをに云ふ所の中蔵経に併せ、て八巻となした。呉勉学の刻する所の中蔵経が即是である。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
田地質入なしその金にてに家を作り、親もりてけり。
銃をも、引上げて身に立てかけてよこしたのを、弱々と取つてげて、胸を抱いて見返ると、の膝を此方にずらして、の裏、ほのかに男を見送つて、むやうであつた。
二世の契 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
額に八千代の唇が触つたやうな気持がして楯彦氏は吃驚して目を覚ました。鏡を見ると、白い布片まつた毬栗な自分の額が三一ばかり剃り落されてゐる。
懸て燒立其中にて切腹し果たれば死骸は更にずとなん惡徒とは云へ天晴の器量人と稱すべし斯て越前守には御目附野山十郎松田勘解由等立合にて一同呼出し先天一坊を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「ほしそうに見えるかい。まあよそう。そのかわり来る前の日と、帰った日は、二日のむのだからね。ははははは」
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
「月夜でへ寄合ったという条、大きな野郎が五人三人、こうやって来たんだから、よくよくの事だと思いなさい、ね、ささ、これが一番が早い、分りましたか。」
三枚続 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
誠に冥土の人にたような気がして、ソレカラいろ/\な話をて、清水と一緒になったと云うことも分れば何も仕舞た。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
し願は輕羅と成て君が細腰にまつはりたしなどと凝塊り養父五兵衞が病氣にて見世へぬを幸ひに若い者等をしては日毎夜毎に通ひ邂逅には外を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
当然のことでて居るから、その返済する金が出来る位ならば、出来る時節までて居て借金はしないと、う覚悟をめて、ソコで二朱や一分は置き、百文の銭でも人に借りたことはない。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
水齒別の命、多治比柴垣の宮にましまして、天の下治らしめしき。天皇、御身九尺二寸半。御齒の長さ一、廣さ二。上下等しくひて、既に珠をけるが如くなりき。
汝のければわが良心は我の直く立つを責めたり。 一三〇—一三二
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
「一番、最初に読んだは何じゃったろうかいね」
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
直鎗とちがって、カギ鎗の特長というのは、三手が引ッ掛け、上下左右、四手い、さらに! また! あわせて九ツのという」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
金眸は朝よりりて、まりゐる処へ、てより称心の、聴水といふ古狐伝ひに雪踏みて、く洞の入口まで来たり。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
鼻下の髯、二程のびて
(新字旧仮名) / 石川啄木(著)
というとサラット居士は「必要はあったところで到底成就しない事に従うのは詰らんじゃないか。行けばまあ殺されるだけのだ」
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)